ThinkPad X1 carbon2017使いやすい

会社のパソコンをデスクトップからThinkPad X1 Carbonに変えた。

ThinkPadは昔から一度使ってみたいパソコンだったので、ちょっとうれしい。

スペックはCore i7, 512MB SSD, RAM 16MB。LTEはなし。画面の解像度はFHDだ。

FHDの解像度は100%表示だと文字が小さすぎて使いにくいので、デフォルトの150%にして使っている。最初は表示領域が相当小さくなったような感じがして、使いにくく感じていたけど、10日ほど使っているうちに慣れてきた。WQHDもそのうち選べるようになるらしいが、正直メリットが思い浮かばない。Retinaディスプレイ程ではないが、14インチ液晶にFHD以上の解像度は必要ないように思う。ましてやバッテリライフを犠牲にしてまで解像度を高くしたいとは感じない。

X1 CarbonはUltrabookと呼ばれるカテゴリのノートPCで、14インチの画面を持つにもかかわらず約1.14 kgと軽量だ。また、液晶の縁が狭くなっており本体サイズも結構小さい。赤いトラックポイントは慣れるまでに少し時間がかかったが、慣れると手を動かす量が最低限に抑えられるので楽だ。今やトラックパッドはオフにしている。バッテリーの持ちもよく、電源なしでもほぼ一日仕事をすることが可能だ。

なんといっても素晴らしいのはキーボードの出来の良さだ。自分はもともとノートパソコンの浅いストロークのキーボードが好きなのだが、これまで使ったノートパソコンの中でX1 Carbonのキーボードはダントツに気持ちがいい。手触り、キーストローク、打鍵感すべてが心地よい。

ThinkPadはビジネスマンがハードに使うことを想定して作られているため、かなり頑丈にできており、キーボードに水がかかったくらいでは壊れないらしい(防水というわけではないんだろうけど)。デジカメでいうと、GR的な感じで、武骨な男の道具といった感じだ。余計なソフトウェアはほとんどプリインストールされていない。こういうものはガシガシと使い、傷だらけになるくらいがかっこいい。正直、Macのメタルチックな感じより好きだ。

ハードな作業をすると時々ファンが回るが、SSDなので使用時は無音の時が多い。ファンが回っても気になるほどの音はしない。