マルマン ニーモシネ A4/A5 ノートパッド &ホルダーウィズ5ポケッツ

メモ用ノートとして無地のソフトリングを使っている。

digistill.hatenablog.com

このノートにはミシン目が入っているので切り取ってスキャンしたりすることができるのだが、裏表を使ってしまうと、後から切り取りにくくなる。片面だけ使えばいいのだが、片面しか使わないんだったらソフトリングである必要はないし、そもそもノートパッドでいい。

これまでノートパッドやリーガルパッドにメモを取り、逐次スキャンしてEvernoteに蓄積する方法を試したことが何度かある。この方法の欠点は、閲覧性が落ちることだ。デジタル化というのは便利な側面もあるのだが、いちいちパソコンやiPadを持ち出さなければいけないのが不便だ。自分の場合、何度も参照するような記録は紙ベースの方がいい。切り抜いたものを取っておけばいいんだけど、それはそれであちこちに散逸するか、引き出しの奥底に潜り込んだまま出てこなくなることがままある。

そんな時、ニーモシネのA5ノートパッドが目についた。

f:id:digistill:20171013215004j:plain

 

A4サイズはアイディア出しや落書きには適しているんだけど、会議やミーティングのメモ用としてはちょっと大きすぎる。また、外に持ち歩く場合にも不便だ。A5サイズは大きすぎず小さすぎずちょうどいい。

f:id:digistill:20171013215059j:plain

このホルダーの特徴は、切り取ったメモパッドを収納するポケットを5つ持っていることだ。切り取ったメモパッドをテーマごとに分類し、一定期間経たらスキャンして紙は捨てるというような運用が想定される。メモパッドは切り取った時にちょうどA5サイズになるので、整理やスキャンがしやすい。

また、A7サイズのメモパッドを挟み込むことができるスリットもあるので、todoやちょっとしたメモを同時に保存しておくこともできる。

f:id:digistill:20171013220200j:plain

A5サイズノートよりもホルダーは一回り大きい。

f:id:digistill:20171013221449j:plain

ホルダーにはスリットがあり、ペンを収納しやすい。

f:id:digistill:20171013221500j:plain

左がソフトリングA5、右がニーモシネのA5ノートパッド。

f:id:digistill:20171013221506j:plain

ニーモシネの方眼は色が薄めで筆記の邪魔にならない。

ニーモシネ自体は8年前に使ったことがある。紙質は非常によく、万年筆でも書きやすい。

digistill.hatenablog.com

そろそろソフトリングを使い終わるので、これでメモを運用してみようと思う。

 

マルマン ノートパッド&ホルダー&5ポケッツ ニーモシネ A4 HN187FA

マルマン ノートパッド&ホルダー&5ポケッツ ニーモシネ A4 HN187FA

 

 

 

マルマン ノートパッド ニーモシネ A5 方眼罫 N188A

マルマン ノートパッド ニーモシネ A5 方眼罫 N188A