雑誌サライ付録「北斎ブルーの太軸万年筆」

年末に発売される雑誌に付録として万年筆が付くものが最近は増えているような気がする。今年はその中でも北斎ブルーの「太軸万年筆」が気になっていた。今日発売だったので早速買ってきた。

f:id:digistill:20171209160144j:plain

f:id:digistill:20171209160434j:plain

軸は金属製で結構重量感がある。具体的にはカートリッジを付けて27 gだ。カートリッジを取り付けたコクーンが25 g、コンバーターを付けたプロフィット21が25 gで同じくらいだ。首軸はコクーンより若干太く持ちやすい。

キャップの勘合はネジ式でなくスライド式だ。キャップを軸の尻にポストすることは可能だが、あまり強くははまらない。

造作の程度は結構よくて、安っぽさはあまりない。インナーキャップもしっかりとしたものが付いているので、インクも乾きにくいのではないだろうか。

キャップの外輪にはサライのラクダのマークまでプレスされており、結構手が込んでいる。

カートリッジはヨーロピアンタイプで、おそらくOHTOのものが使える。

↓左が付録、右がOHTOのカートリッジ

f:id:digistill:20171209160207j:plain

ハート穴が少しズレており、ニブの工作精度は若干低いといえる。ただ、切割とペン芯の溝はきっちり一致しており、組み立ての精度は高い。ペンポイントは若干いびつな部分もあるが、きれいなペンポイントが付いており、ズレ等はない。

f:id:digistill:20171209160216j:plain

f:id:digistill:20171209160223j:plain

筆跡はこんな感じ。

f:id:digistill:20171209160239j:plain

サファリのMとかペリカーノジュニアのAとだいたい同じくらいか。ノートなどに筆記するにはちょっと太いと思う。ニブはステンレスだが、しなりは感じる。ちょうどコクーンくらいの感じかな。筆記感はすごくなめらか。引っかかり感やカリカリ感はほぼ皆無。万年筆らしい非常に気持ちいい筆記が可能だ。サライの価格が税込み950円なので、万年筆を買うくらいの気持ちで買っても十分満足できる一本ではないだろうか。

***

雑誌本体に牡蠣の記事があり、広島の横川にある「お好み焼き得」と「モンキュール」が紹介されている。どちらもいつも多くの人で賑わっている店だ。また、エキニシと紹介されているエリアもたまに行くが、古くからあるこじんまりした店が多い一角だ。広島駅の南口を出て右に曲がり、郵便局の前を通り過ぎてしばらく歩き、右に曲がると多くの飲食店が出現するエリアがあるはずだ。徒歩で5分ほどの距離なので、広島駅で降りた際にはぜひ足を運んでみては。

サライ 2018年 01 月号 [雑誌]

サライ 2018年 01 月号 [雑誌]

 

 

Digistillへの連絡はこちらから