太い万年筆の方が楽に書ける

ジブン手帳のIDEAにいろんな万年筆で文字を書いてみました。IDEAは方眼ノートなのですが、2マスで7ミリメートルのようです。罫線で言えば2マスでA罫相当ですね。

f:id:digistill:20180108150632j:plain

安定した悪筆なのはさておき、一通り書いてみて気づいたのは、ちょっと太めの方が書いていて楽です。一番楽なのはM400です。金ペンなので紙あたりがソフトだからでしょうね。これを不安定と感じる人は疲れると感じるかもしれません。実際わたしもちょっとそういう部分を感じます。

SafariのMはちょっとこの大きさだと太すぎると感じます。LAMYのインクにすればAion並みの太さになるのでしょうか。もう少し大きい字で書けば、書き心地はかなりいいです。かなりラフに書いても線がかすれたりすることはないので、アイディア出しなどに向いているかもしれませんね。

AionのMは文字はつぶれ気味ですが、SafariのMよりも若干細く書けています。書いている感じとしては問題ないというか、むしろ好みです。アルファベットならこれが標準というのも納得できます。Aionは少し大型で重いペンですので、細字には向かないと思います。

SafariのEF、パイロットのボーテックス(Vortex)、TWSBIはだいたい同じくらいの雰囲気で、一般的にはこのくらいの方が適切と感じるでしょうね。TWSBIはスチールニブですが、ニブが大型で紙あたりが柔らかく感じて書きやすいです。ペンの大きさ的にはもうワンランク太い線の方が合うかもしれません。万年筆を使い始めたころは国産のMは太すぎると感じていましたが、今は万年筆の標準はMでいいかもと思っています。日本製のFくらいになってくるとちょっとペン先への集中が必要になってきます。ボールペンを使い慣れた人や書く字が小さい人はこのくらいの方が好ましいと感じるとは思います。しかし、慣れてくるとFの方が少し難易度の高い細さだと感じます。ですから、初めての万年筆こそMを使ったほうがいいんだと思います。

最後の雑誌付録の北斎ブルーの万年筆や無印良品の丸軸万年筆は、結構いいです。丸軸万年筆は国産FとMの間くらいの太さですし、なめらかに書けます。一般的なボールペンに比べると若干太いと感じるかもしれませんが、初めての万年筆として意外といいのかもしれません。なめらかさではSafariに劣らないですし(むしろ少しなめらかと感じるかも)、筆記時の摩擦振動が金属軸に伝わり独特の響き音を作り出します。

ちなみに、LAMY2000の4色ボールペンを買いました。

Digistillへの連絡はこちらから