消しゴムで消せるカラー芯シャープ uni Color

少し前から気になっているシャープペンシルがありました。uniの消しゴムで消せるカラー芯シャープ uni Colorです。試筆してみると、発色もいいですし、芯も折れにくいと感じました。消しゴムでもしっかり消えます。

今回購入したのは、赤青緑で、太さは0.7ミリ。マルチ8でもいいんですが、消せるというのは魅力的です。

f:id:digistill:20180207190036j:plain

まず最初に書いておきたいのは、シャープペンシルの質が低いこと。クリップ位置が高くて基本的な設計は悪くないんですが、チャックの構造が低品質です。通常、シャープペンシルは芯チャックが芯を送り、ある程度チャックが進行すると、チャックリングが外れることで芯とチャックの締結力がなくなります。そのままチャックを戻すと、チャックの動きに連れて芯が戻ろうとするので、ペン先の芯戻り止め(Oリングのようなもの)で戻ろうとする芯をその場に押しとどめます。しかし、このuni Colorには芯戻り止めの利きが弱く、芯が戻ってしまいます。芯戻り止め自体が省略しているのかもしれません。

下の写真は上の赤青緑がuni Colorの筆跡で、下の赤青緑がマルチ8のものです。真ん中あたりをコクヨのリサーレを使って消しています。

f:id:digistill:20180207190045j:plain

がんばればマルチ8の筆跡も消すことができますが、uni Colorの芯はよく消えます。

 

 

Digistillへの連絡はこちらから