今日もペンクリニックに行ってきました

今日も昼過ぎに本通りの多山文具で開催中のパイロット土田氏のペンクリニックに行ってきました。ちょうど昼ご飯から帰ってきたばかりで、予約の人は誰もいない状態でしたので、行ってさっそく調整をしてもらいました。

これだけの万年筆を持っていきました。

f:id:digistill:20180414202642j:plain

左から

  1. パイロット カスタム74改
  2. ペリカン M400 EF
  3. セーラー プロフィット21改
  4. TWSBI DIAMOND580 M
  5. TWSBI DIAMOND580AL F
  6. 無印良品 アルミ丸軸万年筆
  7. パイロット プレラ F
  8. パイロット キャップレス絣 F
  9. セーラー ハイエースネオクリア
  10. パイロット ボーテックス M
  11. ラミー Aion M
  12. ラミー Safari M

1,2,3,4はできたら調整してもらいたいと思っていました。

カスタム74ははじめて購入した金ペンです。FMを買ったのですが、どうにもパイロットの初期設定になじめず、ペンクリニックで長原さんに調整してもらった経緯があります。その後、調子が悪くなり、使わずにいたものです。パイロットの人にセーラーの人が調整したペンを調整してもらうのも気が引けたのですが、さすがプロ、長原さんあたりが調整されたんですかねと当ててしまいました。広島なので、なんとなく推測しやすかったのかもしれませんが、さすが。調整後は普通に書きやすいペンになりました。

ペリカン M400は前回大阪で調整もしてもらいましたし、特に大きな問題は感じていないのですが、斜め筆記時に若干擦れが強くなる感じがしたので、その部分を見てもらいました。見てもらいましたが「特に大きな問題はないですね。ペンポイントもちょうど半分のところに切り割がありますし、これは当たりのペンですよ」と言われました。「少し気になる部分を調整してみましょう」。万年筆というのは良ければ、いいなりに使っていると些細な部分が気になってしまうものです。おそらくこれでもう終わりっていう風にはならないのかなと思ったりもします。今回の調整でM400はかなりいいところまで来ました。ニーモシネくらいの紙に書けば、極上感を味わえるレベルです。紙の質を落とし、厳しい目でみれば、まだ100%という感じではありません。ただ、使うのがしんどいというほどのことはなく、使ううちにどのくらいなじんでくるかが楽しみです。

プロフィット21も大阪で調整済みなので、大きな問題はないのですが、若干ブレーキがかかりすぎな感じがするので、ちょっと滑らかさを出してもらいました。もともとはBなのですが、長原さんにFくらいに細く削ってもらっています。細字なので筆圧を高くするとどうしてもザラツキ感は出てしまいますが、筆圧を下げ、ロディアレベルの紙に書けば十分に滑らかに書けるレベルです。

ここあたりで次のお客さんが来たので、最後の一本です。

最後の一本はTWSBIのM。これはインクが色彩雫なら問題ないのですが、別のインクを使うとファーストタッチでインクが出にくくなるのが気になっていました。「馬尻気味になっていますね」。ということで、若干、丸みを取ってもらうような調整をしてもらいました。若干フローを多めにしてもらい、調整完了です。

 

ちなみに、最後にウェーバリーを購入してきました。一晩迷って決めたのは、カスタムヘリテイジ912のWA(ウェーバリー)です。ちなみに、店頭在庫はなかったので、発注後、店に来た後、修理扱いでパイロットに送り直し、店頭で受け取るという流れになるようです。おそらく、商流の問題なのでしょう。受け取りは、ゴールデンウィーク前後になるそうです。

カスタムヘリテイジのニブは銀色のロジウムメッキが施されており、若干の硬さを感じる場合があるそうですが、基本的にはメッキなしのものを同じと思っていただいて問題ないということでした。カスタム742、カスタム743、カスタムヘリテイジ912のWAがそれぞれあったので、書き比べ、好みのものを探しました。カスタム742のものがすごく好みでした。743のはフローが多すぎてちょっと好みじゃないでした。この違いはニブの大きさによるものではなく、あくまでも調整の問題だそうです。743を絞って比べてみますか?と言われました。「この742に近い感じに仕上げてもらえばいいです。カスタムヘリテイジでも同じと考えていいですよね?」と尋ねると、「ロジウムメッキの影響はそんなにないでしょう。この742はかなり以前から少しずつ調整を重ねていて、かなりコンディションがいいのは間違いないです。でも、近い感じにまでは持っていくようがんばります」ということでした。ウェーバリーの魅力は書いてみないとわからないと思います。ニブの柔らかさや線幅の変化を楽しむというペン先ではなく、滑らか番長といった感じです。そのようなペン先に興味がある人は一度試してみる価値はありますよ。

実店舗は定価販売だと思っていたのですが、 現金払いだと1割引きということで、ちょっと得しました。来たらまたレポートします。

パイロット万年筆 カスタム ヘリテイジ912 ブラック ウェーバリー(WA) FKVH-2MR-B-WA

パイロット万年筆 カスタム ヘリテイジ912 ブラック ウェーバリー(WA) FKVH-2MR-B-WA

 

 

Digistillへの連絡はこちらから