TWSBI付属のシリコーンオイルは使わないほうがいいかも

TWSBIは購入後、インクを入れてしばらくすると、ピストンが異様に硬くなります。特に二本目はひどくて、もう壊れてもいいやってくらい渾身の力をこめないと動かないくらいでした。

TWSBIは付属の工具で分解できます。また、液状のシリコーンオイルが付属しています。それでメンテナンスするわけですが、あまり効果が長続きしない印象です。

そういえば、学生時代、精密合成の三方活栓などに塗布していたグリスがあったのを思い出しました。学生時代に使っていたのはダイキンのデムナムグリースというフッ素グリースで50グラムで16000円以上する超高級品です。私の所属していた研究室はかなり豊富な資金が常にあり、試薬は最も高級なものしか買うな、金よりも時間がもったいないという方針の研究室でしたが、デムナムグリースを無駄に使うと先輩から叱られました。

というわけで、手持ちのグリースを塗布してみました。塗布して数日たちますが、ピストンはかなりいい感じで動いています。TWSBI付属のシリコーンオイルは使わずに、自分で選んだグリースを使ったほうがいいかもしれません。ただ、あくまでも自己責任ですが、シリコーンオイルやフッ素グリースなら樹脂にはそれほど悪影響は与えないでしょう。ただし、溶剤を含んだエマルジョンタイプは避けたほうが賢明だと思います。

Digistillへの連絡はこちらから