キーボードのテカリ、万年筆の汚れには

コストコに売っているアクアクリーンというクリーナーですが、これがものすごく万能でずっと使い続けています。アルカリ性なので、キッチンの油汚れなどはめちゃくちゃきれいに落ちます。意外なところで、万年筆のインクで手が汚れたときにも効果的です。万年筆のインクは石鹸で洗ったくらいではなかなか取れませんが、アクアクリーンで完ぺきではないものの結構落ちます。ただし、皮膚が完全に脱脂されるためオススメはしません(手が荒れます)。実は、万年筆の洗浄にもこれを使います。これまたどういう影響があるかわからないので、オススメはしませんが。

キーボードって使っているとキートップがテカってきます。摩耗によるものはその限りではありませんが、手の脂が一因だったりします(ちなみに、手のひらには皮脂の分泌腺はありません)。アクアクリーナーをキッチンタオルにしみ込ませ、キーボードをやさしく拭きます。するとものの一瞬でキーボードのテカテカがなくなり、サラッと仕上がります。ただしこれは水溶液ですし、樹脂や印刷にアルカリ水溶液が影響を与えないとは言い切れないのでオススメはしません。ただ、クリーニング効果は半端じゃないです。

 モノもそうですが、こういう行為も決してオススメはしません。あくまでもひとつの事例として読んでいただければと思います。特に人体に用いるのは注意が必要です。

 

Digistillへの連絡はこちらから