ママチャリのクランクスプロケットを新調することにした

先日、ママチャリのボトムブラケットを交換しましたが、その際、ペダルを漕ぐときのコクコクっという違和感は、スプロケットが摩耗しすぎているせいだという指摘を受けました。言われると、気になるので、若干チェーンの張りを緩めたりなんだりとしてみたのですが、消えません。

実物を見てみても、摩耗しすぎて刃物のようになっています。そうそう交換する部品でもないので、思い切って交換することにしました。アマゾンを見ると、価格はピンキリで、どれを選んでいいのかもよくわからないので、再び、チャリ屋のマサへ。

見積もりを聞くと、3000円に消費税でってことだったので、部品を注文することにしました。先日払った5000円と合わせると、合計、8000円なので、古いママチャリにしては、馬鹿にならない出費です。ただ、ボトムブラケットやスプロケットは駆動部であり、心臓部に近いパーツなので、多少の出費は致し方ありません。タイヤとライトも少し前に交換したので、ここ最近だけで1万円以上はママチャリメンテに費用が掛かってます。ここで安い自転車が一台買えると思ってはいけません、自分だけの一台がより長く使えるようになったと考えるべきです。(;^ω^)

明日、明後日は岡山国際サーキットで自転車の耐久レースがあるのでショップは休み。交換はおそらく、月曜日か火曜日あたりになるでしょう。

こうなってくると、ペダルやシートも交換したくなりますし、どうせなら、ブレーキワイヤーや、ブレーキそのもの、ホイールなども新しくしたくなります。ただ、それらは緊急性はまだないので、少しずつ交換していこうと思います。若干、フレームにもサビが浮いてきていますが、まだ、数年は乗れるはずですし、パーツ自体は流用できるので、自転車がつぶれても損はしません。

Digistillへの連絡はこちらから