キュリダス(CURIDAS)のペン先を観察

キュリダスのペン先を拡大観察してみました。

(`・ω・´)シャキーン

f:id:digistill:20200218211252j:plain

ペン芯の溝と切割の位置もずれておらず、非常にいい状態です。

ペン芯。

プロシオンにもありませんが、キュリダスのペン芯にもフィンがありません。

f:id:digistill:20200218211300j:plain

ペン先付近を拡大。

肉眼ではペンポイントがないように見えるんですが、よーく見ると、ペン先に少し合金が見えます。

f:id:digistill:20200218211306j:plain

線が広がらないように、ペンポイントの左右、上側は削られています。ペンチみたいな道具でつままれているようにも見えます。ペンポイントの形状を見る限り、筆記角度は45度前後が書きやすいのかもしれません。切割にたっぷりインクが蓄えられているのが見えますが、このインクのおかげで乾きにくいのかもしれません。

少し見えにくいのですが、切割の内側もよく研磨されているように見えます。EFですので、筆記抵抗はある程度ありますが、紙の繊維に引っかかるような感じはありません。内側がよく研磨されているおかげかも知れません。

最後は、外に出てくる直前のペン先。

f:id:digistill:20200218211324j:plain

キュリダスのEFは質の悪い普通紙でも普通によく書けます。鉄ペンとしては、すごく出来がいいと思います。

Mはプロシオンとかセンチュリーでいいと思っていますが、もう少し滑らかな書き味が期待できるFは欲しいです。

Digistillへの連絡はこちらから