Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

B級筆記具

最近は水性ボールペンを使うことが多い。水性ボールペンはインクの乾きが悪かったり、紙によっては裏写りしやすかったりと不便な点もあるけれど、なんと言っても魅力的なのは書き味が軽いことだ。
特にお気に入りでメインで使ってるのはパイロットのVコーンという100円くらいのボールペンだ。このボールペンのいいところはとにかく最初から最後まで軽い書き味が持続するところだ。Vコーンには顔料インクタイプもあり、そちらは150円くらいする。クリップが金属で少しだけ高級感があるが、水性インクのやつより気持ち黒が薄い感じがある。
まったり文章を書くときは気分によってぺんてるトラディオプラマンを使う。何となく味のある字が書けるんだな。書き味もいい。ちょっと気に食わないのは、書くときペン先がギチギチすることだ。これは紙質によっても少し感じが変わる。詳しい解説はぺんてるの紹介ページでどうぞ。
そして気分によってはステッドラーの製図ペンMars professionalを使う。ステッドラーの筆記具は重量バランスが絶妙で使い勝手がいい。こいつの優れているところは、水性ボールペン(顔料)なのに裏写りしやすい紙でも割と裏写りしにくいところだ。
シャープペンシルステッドラーの0.7mmのやつを使っている。
気分によっていろいろ使い分けて楽しめるのがB級筆記具のいいところかな。
惜しいのは、自宅でノートとして使っているモールスキンの紙は水性インクとあまり相性がよろしくないんだな。ステッドラーマルスは裏写りしないが、裏から目立つ。Vコーンとプラマンはアウトだ。まぁ、あまり気にせず書くんだけどね。モールスキンには油性ボールペンが相性がいいけれど、油性ボールペンって今までコレダってのに出会ったことがない。ここは素直にゲルインクボールペンに行けばいいんだろうが、ゲルインクってその高性能は認めるけれど、何となくしっくりこない。というか、全部使い切る前におかしくなるものが多い気がする。

Moleskine Pocket Squared Notebook Classic

Moleskine Pocket Squared Notebook Classic

Moleskine Ruled Notebook Large Classic

Moleskine Ruled Notebook Large Classic

Digistillへの連絡はこちらから