今日はワイルドウイリーのデフギアにアンチウェアグリスを塗ることにした。
ギアボックスを開けて、デフギアを分解してみた。
相当走らせているが、ギアボックス内にホコリはほとんど侵入していないようだ。もちろん、デフギアもきれいなものだ。防塵性はなかなかのものである。

アンチウェアグリスはギア全体に塗ると駆動効率が落ちそうなので、ベベルギアのシャフトにだけ塗っておいた。後はモリブデングリスをたっぷりギアに塗り込んだ。

ギアボックスを組み直していたのだが、一カ所ねじがねじ込めない部分があった。
よく見るとギアボックスのネジ穴がパックリと割れているのを発見した。
モーターを固定するネジでしっかりと固定される箇所なので特に問題はなさそうだが、新品を注文しておこう。ついでにドライブシャフトとギアーボックスジョイントも取り寄せようかな。
ワイルドウイリー2は走行後にホコリを落とす程度で十分に走らせられるが、ギアーボックスジョイントは消耗品らしく、アンチウェアグリスをこまめに塗っていても削れてしまうのだ。
ちなみに、タミヤのページによると、ギアーボックスジョイントはOP218「ツーリングカー強化ジョイントカップ(ギヤーデフ)」が使えるらしい。

Digistillへの連絡はこちらから