Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

iLife'08

詳しくはhttp://www.apple.com/ilife/guidedtour/
新しいiLifeが発売されたようだ。
iLifeの中ではiPhotoiWeb、時々iMovieを使っている。
特にiPhotoの使用頻度が高い。
専門的に使うならどうかわからないけど、通常自分が作業する程度ならiPhotoは非常に使いやすい。
新しいiPhotoにはいくつか気になる点がある。
まず一つ目はイベントという新しい写真のまとめ方だ。これは各イベントごとに代表的な画像を一枚だけ表示するというものだ。例えば2万枚の写真すべてを羅列する必要がなくなる。動作も軽くなるだろうし、一覧性も高くなる。
また、ハイドという機能もおもしろい。これまでは写真を取っておくか、削除するかのどちらかしかできなかったが、ハイドでは写真を表示しなくなるだけの機能だ。表示したければ、ワンクリックでハイドした写真を表示することも可能だ。
これまでもレートやキーワードなどで絞り込むことはできたが、割と能動的な意識がなければ使い勝手がよくなることはなかった。
イベントやハイドという作業も多少能動的な作業が必要とはなるが、比較的作業が楽だと思う。
新しいiPhotoはいかに写真を表示しなくするか、つまり、いかに必要な写真だけを表示させるかという機能が充実している。
さらに、編集機能にシャドウとハイライトを調整する機能が追加された。これでPhotoshopElementsの出番がかなり少なくなるだろう。ちょっと便利なのは編集条件をコピーして、他の写真に同様の編集効果を適用することができることだ。
さらに、印刷機能も強化されていて、気の効いたレイアウトで写真を出力することが簡単にできるようだ。
動作に関しては一個古いバージョンのiPhotoでほぼ満足できるものになったが、'08では使える機能が充実してきた感じだ。
そのうちバージョンアップしよう。

Digistillへの連絡はこちらから