Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ZEBRA ジムメカ

いわゆる100円のシャープペンシルだ。ずっと家にあったけど、袋に入ったままでずっと使っていなかった。
めぼしいシャープは会社にあるか筆入れの中に入っているので、自宅で使えるのはステッドラーのREGだけの場合が多い。REGは重すぎる上にグリップの仕上げが合わないので非常に使いにくい。自宅でそこそこ無難に使える筆記具としてジムメカを使ってみようというわけだ。
100円クラスのシャープペンシルはこれまであまり使ったことがない。まず思ったのは非常に軽量であるということだ。鉛筆に毛が生えたくらいの重さしかない。グリップは細いラバーグリップだ。使い勝手はよくもなく悪くもない。1円でも安くということなのか、芯は一本しか入っていない。
おもしろいのはパイプスライド方式というやつで、芯をへこませながらペン先を机等に押し当てるとペン先がペンの内部に格納される。持ち運びのときに危なくなくていいと思う。剛性の不足も全くなく、非常にがっちり作られていて、グラグラと動くこともない。
どんな方式になっているのかなと思い、ペン先を分解してみた。部品を一個外してなぞは全て解けた。非常にシンプルな構造なのだが、よく考えられていると思った。

Digistillへの連絡はこちらから