ほぼ日手帳発売開始

今日からほぼ日手帳が発売されたようだ。
今日は丸わかりのコンテンツが追加されていた。カズンの中身を見て、いいなと思ったのは1年分のインデックスが見開き2ページで一望できる点だ。これは仕事のプロジェクト管理等に使うと便利そうだと思った。また、カズンは見開き2ページでA4の大きさなので月間スケジュールの一コマ一コマが大きく実用性が上がった。正直、日々のスケジュールは月間スケジュールだけで管理できると思う。ただ、会議や出張等が入ってくることを考慮すると週間スケジュールが日々活躍すると思う。今も実際よく使うのは週間スケジュールと月間スケジュールだ。主なイベントはそれぞれのスケジュールで重複するのだが、週間スケジュールだけではひと月の流れがわかりにくいので月間スケジュールは必要と感じている。
では一日一ページ部分はどう使うか。ここはメモや行動記録に使う方がいいだろう。例えば出張の行き先とか宿泊先をメモしておくのにもよく使っている。
で、ここからがポイントだ。まだ詳細は考えていないのだが、100円メモ術をパクり、日々のメモの主な項目はパソコンに記録してしまうというアイディアを温めている。特定の記録に関してはタグも添えておくのだ。もしスペースが足りなければメモ帳に書き、切り取ったものをほぼ日手帳に貼付けてしまえばいいと思っている。スペースが足りなくなる程メモを取る日は年間通してそう何日もないと思うので、破綻はしないと思う。
これで時系列でメモを記録し、それをパソコンで管理するという100円メモ術の核心部分は変える必要がなくなるわけだ。
問題はこの方法だと資料系(プリントや切り抜き等のドキュメント)の紙を貼付けたりするのは不可能だと思う。給与明細等を貼るくらいならいいだろうが、あれもこれも貼るわけにはいかない。スクラップ用のノートを作成してもいいが、スクラップのみのノートとなると半分も使わないうちにパンパンになりそうだな。まぁ、どうでもいいような紙まで取っておく必要はないし、大抵のプリントはファイルしてしまうのであまり難しいこと考えなくてもいいかもしれない。

Digistillへの連絡はこちらから