Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

キャップレスのニブは長い

お気に入り万年筆のひとつがパイロットのキャップレスです。

f:id:digistill:20180312212215j:plain

知らない人が見たら、ナニコレ、どうなってんの?って感じのペンです。

ノックすると、クリップの先から万年筆のペン先がニョキッと飛び出してきます。

f:id:digistill:20180312212300j:plain

ノック式の万年筆なのですが、インクの乾きを心配することはまずないです。1か月も2か月も放置したらどうなるかはわかりません。純正のカートリッジを使い、時々使っている限り、ペン先が乾いたという経験はこれまで一度もありません。

先から出たニブはすごく小さいです。背景のノートは測量野帳なのでひとマスが3ミリですからおおよその大きさはわかると思います。

しかし、このニブ、中がだいぶ長いんです。

下の写真は左から、セーラー プロフィット21、パイロット キャップレス F、ペリカン スーベレーンM400 EF、TWSBI DIAMOND580 Fです。

f:id:digistill:20180312212735j:plain

キャップレスのニブは細いんですが、長さはプロフィット21とほぼ同じで20ミリを軽く超える大きさです。比較的硬めのニブですが、18金ということもあり、独特の柔軟さを感じることができます。

わたしは検品されたペンを買ったのですが書き味は極上です。近辺独特の柔軟さを味わう感じではありませんが、どんな紙でも引っ掛かりを感じることはまずありません。Fならこれ以外の万年筆の必要性を感じないくらいです。欠点としては、あまりにも良すぎるので逆に気軽に使えないということでしょうか。勉強などに使うと不意に力が入ったりするので、比較的安価なステンレスニブの万年筆を使うことがほとんどです。

マットブラックのMだったら、持ち歩いて傷だらけになるまで使うのが似合っているような気がします。

 

パイロット 万年筆 キャップレス FC18SRBMM マットブラック

パイロット 万年筆 キャップレス FC18SRBMM マットブラック

 

 

Digistillへの連絡はこちらから