Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

Kaweco Perkeo(カヴェコ パケオ)

MAXの50周年記念HD-10Dを探しに、本通りの多山文具に行きました。入荷予定はあるものの、まだ入荷していないそうで、入荷したら連絡をもらえるように手続きしてきました。

店内を見回すと、TWSBI ECOが置いてありました。日本でだいぶ展開しているようですね。580DiamondやGO、Precisionなども取り扱ってほしいところ。

ガラスケースの中を見ると、何やら見慣れないカラフルなプラスチックの万年筆が置いてありました。カヴェコのパケオという万年筆です。インクの入ったサンプルがあるということで、試筆させてもらうことにしました。ニブはF。ABCDEFG、クルクル・・・あいうえお・・・。これはいい。「これください」。速攻で決断しました。色はブルーとホワイトの組み合わせを選びました。ブラックとイエローもよかったです。

色の名前は、オールドシャンブレーというらしいです。他には、ブラックとイエローのインディアンサマー、ブラックとレッドのバッドテイスト、ピンクとグレーのコットンキャンディがあります。

f:id:digistill:20181006205547j:plain

パケオは20世紀の初め頃、販売されていた万年筆の復刻版らしいです。

ところで、カヴェコという万年筆メーカーですが、1883年にドイツで創業したメーカーです。1976年に一度廃業していますが、1995年にニュールンベルグにあるGutberler Gmbh(グッドバレット)社が商標を獲得し、ペンの製造販売を再開しています。

有名なペンにスポーツというのがありますが、1972年に開催されたミュンヘンオリンピックでは公式のペンとして使われたそうです。

このパケオは20世紀の初めに販売された万年筆の復刻版です。オリジナルがどのような万年筆か知りませんが、大きさや作りがカクノに似ています。

f:id:digistill:20181006205524j:plain

それにしてもこの渋いブルーに乳白色の組み合わせはいい感じです。写真よりも実物はもう少し明るめの青です。下にある天冠を映した写真が一番実物に近い色に見えます。

ABS樹脂製の万年筆で、ニブはスチール(F)です。ニブの色はペンカラーによって、ブラックとシルバーがあります。

スポーツのニブもよく似ていますが、少し形状が違うようです。ペン芯の形状も異なるようです。

 

f:id:digistill:20181006205611j:plain

キャップは8角形、ボディは16角形、グリップは3角形のエルゴノミックグリップとなっています。このグリップの形状は秀逸です。カクノやサファリも同じような3角形ですが、パケオの形状が一番手に合う感じがします。サファリも悪くないのですが、パケオのほうが太いので疲れにくそうです。

キャップはスライド式になっています。クリップはついていませんが、YouTubeにスポーツ用と思われるクリップを装着しているシーンが出ていましたので、取り付けることができるんだと思います。


Kaweco Perkeo(1080p)

ペンの重量はカートリッジ抜きだと12.4グラムでした(カクノは11.3グラム、実測値)。

プラスチック成型の品質は高いです。また、部品点数が多く、天冠部分にシルバーの素材を配置するなど造作の細やかさや作りこみがなされています。カクノは部品点数を6点に抑えることでコストダウンをして、1000円。パケオは2000円です。倍の価値があるかどうかは人によると思いますが、カクノより凝った作りになっているのは間違いないです。細かいところでは、ペンの首軸と軸をつなぐスクリューをねじ込むと、最後にあたかも締め終わったことを知らせてくれるように、コクッと軽いクリック感があります。このような工夫をすることで子供が力任せに締めこむのを防いでいるのかもしれません。

f:id:digistill:20181006205622j:plain

下に首軸の写真を示しますが、ネジを開けると透明な樹脂部品が存在します。首軸だけで6個前後の部品が使われているものと思われます。透明な部分に切れ込みがあるのがわかりますね。この部分に軸の内側にある突起がはまり込むんです。ねじ込む側が一段高くなっているので物理的にもそれ以上ねじ込めないようになっています。こういう細かい設計を見ると、うれしくなりますね。設計者の知恵と心を感じます。

f:id:digistill:20181006221414j:plain

中には空のカートリッジとブルーのカートリッジが入っています。いわゆるヨーロッパタイプですね。予備をひとつ内蔵できます。コンバーターも入るようです。

f:id:digistill:20181006205651j:plain

ここで少し関係ないことを思い出しました。去年、ケルンに行ったとき、ショッピングモールの文房具コーナーに行ったのですが、たくさん万年筆が売っていました。そこで目にしたのは日本ではまず目にすることのない様子でした。なんと売っている万年筆にカートリッジが指してあるんです。たまたまいたずらでそうやっているのかどうかわかりませんが、日本ではまずありえないことです。やりたくてもできないようにパッケージなどで工夫しています。

カクノとの比較。

f:id:digistill:20181006205633j:plain

サイズ感はよく似ています。パケオの方が少しずつ一回り大きい感じです。ニブはカクノと比べると幅広で短いですね。ミニTWSBIって感じです。

左がパケオ、右がTWSBI DIAMOND580、

f:id:digistill:20181006215754j:plain

並べてみると雰囲気がよく似てます。飾りのデザインやロゴの丸の感じはそっくりですね。紙に当たる筆記側のペンポイントの形状はそっくりです。

個人的にはキャップをポストしたほうが書きやすいでした。

筆記線の比較。

f:id:digistill:20181006205655j:plain

カクノのMよりも細く、Fよりも太い感じです。

なめらかに筆記でき、紙へのひっかかりはありません。インクフローはインクを入れた直後から良好です。ニブそのものの柔らかさというのはそれほど感じませんが、ペンポイントが太いこともあり、悪くないです。ペン先を紙に軽く接触するだけで鮮明な線が描けます。

字が汚いのでその辺は参考になりませんが、このブログを書くためのメモをパケオで書いたものです。紙はA5のMD用紙です。

f:id:digistill:20181006215453j:plain

このペンは線の太さが絶妙にいい感じです。グリップや重量バランスにも優れており、インクフローも適切です。紙へのひっかかりなどもなく、非常になめらかな筆記感が味わえます。

カクノもいいペンです。しかし、カクノと比べて倍の価値があるかと尋ねられたら、わたしはそれ以上ですと迷いなく答えます。

 


Kaweco Perkeo Fountain Pen Review (Giveaway ENDED)

 

 

カヴェコ パケオ万年筆 インディアンサマー F(細字)
 

 

 

カヴェコ パケオ万年筆 コットンキャンディ F(細字)
 

 

 

カヴェコ パケオ万年筆 バッドテイスト F(細字)

カヴェコ パケオ万年筆 バッドテイスト F(細字)

 

 

Digistillへの連絡はこちらから