Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

コスパ最高 ゼブラ「ジムノック 0.7」

勉強用の筆記具として定番なのはシャーペンでしょう。細い字が書けるし、たくさん書いてもコストがそれほどかからないので、大量筆記に向いています。書くのが楽なのはなんといっても万年筆です。書くのに集中するなら、万年筆一択です。しかし、勉強の時には読んだり、考えたりする間にペン先が乾いてしまうことがあります。集中して、ペン先をガツガツ叩きつけると壊れる可能性もあります。勉強中はとにかく余計なことに気をとられたくありません。

そんな中、もっとも勉強に向いているのは実は旧油性インクのノック式ボールペンではないかと思い至るようになりました。手持ちのペンの中から選ぶとすると、カランダッシュの849ですね。このペンはゴリアットリフィルが本当に心地いいです。普通に安定して筆記ができます。

国産の.e-ballとかオプト、ダウンフォース、パワータンクも書きやすいです。と、ここでもっともポピュラーなジムノックを試してないと思い、買ってきました。勉強用なのでインクは青です。

f:id:digistill:20181225214133j:image

筆記してみると、これが実にいい感じです。ノック感やグリップ感、重量感、全てが普通にいい。クリップも十分実用的です。

↓上から、カランダッシュの849、キャップ式シグノ、ジェットストリーム、ジムノック

f:id:digistill:20181225215229j:image

よくみると結構カッコイイです。

ボテも出にくいですし、筆圧によって線に強弱をつけることもできます。ノック式ですがペン先のブレはほとんどありません。さらに口金が樹脂ということもあり、カチカチ感は皆無です。

筆記距離は640メートルなので旧油性ボールとしてはまずまずでしょう。.e-ballの1000メートルには負けます。カランダッシュのゴリアットの8000メートルは別格です。

筆記線は結構細いです。

f:id:digistill:20181225215138j:image

下敷きを使わないとちょっと太めになり、筆記抵抗が高めになりますが、下敷きを使えばジェットストリームの0.38と比較して大差は感じません。鉛筆、シャーペン、ボールペン、万年筆、どの筆記具で書くにしてもわたしは下敷きを使った方が書きやすいと感じます。紙にこだわるなら下に敷くものも意識した方がいいと思います。

ボールペンなんか使えればいいと思っているなら、ジムノックをひとつの候補として考えるのは賢明な選択だと思います。

 

ゼブラ 油性ボールペン ジムノック 0.7 黒 5本 P-KRB-100-BK5

ゼブラ 油性ボールペン ジムノック 0.7 黒 5本 P-KRB-100-BK5

 
ジムノック(0.7m/m)【青】 KRB-100-BL

ジムノック(0.7m/m)【青】 KRB-100-BL

 

 



Digistillへの連絡はこちらから