Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ぺんてる P365

ぺんてるのP365を買ってきました。

これは海外限定で販売しているぺんてるのシャープペンシルで、アメリカではグラフギア800と呼ばれているようです。ちなみに、このP365は日本製でした。

シリーズとしてはP360で、芯径が0.5のものはP365と呼ばれます。

f:id:digistill:20200620232833j:plain

デジャビュ感が半端ありません。

シュタインにグラフギア1000のグリップの要素を組み合わせたような感じです。シュタインはグリップがあまり好きじゃないので持っていませんが、他の雰囲気の似たぺんてるのシャープペンシルを並べてみました。

f:id:digistill:20200620233058j:plain

上から、グラフ1000、グラフ600、スマッシュ、グラフギア1000、グラフギア500、P365です。

f:id:digistill:20200620233347j:plain

平滑な金属グリップに楕円形のラバーが飛び出したようなグリップです。

P305の重量は14.8グラムです。手にしてすぐにすごく低重心であることがわかります。低重心の代表格であるテクト2ウェイとほぼ同じくらいの位置に重心があります。

グリップの金属部分の太さは10 mmと少し太めです。ラバーグリップが飛び出しているため体感的にはもう少し太く感じます。先日購入したスタロジーのシャープペンシルのグリップ部分の太さがちょうど10 mmです。個人的に10 mmのグリップはちょうどいい感じがして好きです。

f:id:digistill:20200620234009j:plain

メカはこんな感じです。チャックは小さいものの金属製です。メカを軸に入れれば、口金を装着しなくてもノックできるようになります。これはぺんてるの上位モデルに共通の仕様です。多少口金が緩んでも芯の出る量が変わらないという特徴があります。

P365は以前から気になっていたのですが、手に入れてみて、想像通りのいいシャープペンシルでした。ぺんてる好きなら買って後悔することはないでしょう。

Digistillへの連絡はこちらから