Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

UNUS PRODUCT SERVICE ボールペン リフィルアダプター ZB-01が届いた

注文していたZB-01が届きました。

これはブレンの単色タイプにジェットストリームのリフィルを入れるためのアダプターです。

f:id:digistill:20210126205006j:plain

f:id:digistill:20210126205818p:plain

実物を見るまでは割と貧弱なパイプなんじゃないかと思っていましたが、結構しっかりしています。重量は3.4グラムあります。外径は4 mmで、おそらく材質はステンレスだと思います。あまり詳しくは知りませんが、一般的なステンレスパイプだとあまり外径4 mmのものはないようです。ミスミとかを見ると、外径4 mmのものもあるようなので買おうと思えば買えると思います。ただ、結構高くて、同じくらいの寸法のものを単体で買うと400円くらいはするようです。このアダプタは800円なので、加工の手間などを考えれば買ったほうがいいですね。頑張れば作れなくはないと思いますが、素人加工で一発で精度良く作るのは難しいと思います。

対応するリフィルは以下の通りです。ジェットストリームの多色タイプとエッジのリフィルですね。

f:id:digistill:20210126210508p:plain

取り付けは簡単です。アダプターの線のある側からリフィルを奥までしっかりと差し込むだけです。少しずつ固く締まりますが、カチッと止まるまでしっかりと差し込みます。しっかりしたパイプなので少々の力で変形することはないと思います。

f:id:digistill:20210126210647p:plain

差し込むとこんな感じです。上がブレンの本来のリフィルで、下がアダプターを装着したジェットストリームです。今回は青の0.5をとりあえず入れてみました。

f:id:digistill:20210126210859p:plain

長さはほぼピッタリ一緒でした。ブレンのリフィルの太さは4.3 mmくらいあるので、アダプターは若干細いです。アダプタの精度や仕上がり、質感には全く問題がありません。さすが日本製、きっちり作ってあります。

f:id:digistill:20210126211206p:plain

リフィルの金属部分の太さが0.1 mm違います。

f:id:digistill:20210126211244p:plain

ジェットストリームの方が太いんですね。黒いブレンに入れててみましたが、最初は少し引っ掛かりがありました。何度か出し入れしているうちにスムーズに動作するようになりました。

youtu.be

キツキツなので、めちゃくちゃぴったりです。締まってしまうと不良品になる危険性があるので、メーカーはここまで寸法精度を攻められないと思います。ある意味、この組み合わせだからこそのピッタリ加減です。ペン先はびくともしません。

実際に書いてみると少し普通のブレンと書き心地が違うことに気がつきました。

重量を測ってみると、通常のブレンが12.4グラムなのに対して、アダプタを装着したブレンは15.2グラムでした。約1.8グラム重くなっているので、少し重厚感があります。重心はほぼ一緒でしたが、ほんの少しアダプタをつけた方が低重心になります。

と、ここまでくれば、ちょっと気になることが出てきます。

さて、これはなんでしょうか。

f:id:digistill:20210126212745j:plain

上はブレンのリフィル。下はサラサのリフィルです。

太さは違いますが、長さがほぼ一緒ですね。

ということは、こういうことです。

f:id:digistill:20210126212932j:plain

f:id:digistill:20210126213004j:plain

f:id:digistill:20210126213158j:plain

そう、ZB-01を使えば、ジェットストリームがサラサグランドの軸にも入ります。新型のサラサグランドはペン先にブレンと似たような構造が仕込んであり、基本ブレにくいんですが、この組み合わせだとやはりガッチリとペン先がホールドされて、びくともしません。ブレンの軸よりもこっちの方が相性がいいような気がします。

サラサのリフィルと同様の扱いができるとなると、必然的にいろんな軸にジェットストリームを入れることができます。

このリフィルアダプターはなかなかのキラーアイテムです。

私はAmazonで買ったのですが、品切れで注文できないみたいです。

Digistillへの連絡はこちらから