三省堂国語辞典 第八版

三省堂国語辞典の第八版が8年ぶりに発売されました。

三省堂国語辞典は新語に強いと言われていて、「要するにそれは何か」が分かる簡潔な語釈が特徴です。

アウティング/赤信号みんなで渡ればこわくない/eスポーツ/犬笛/インフルエンサー/ウェビナー/エコバッグ/遠慮のかたまり/置きに行く/ガテン系/壁打ち/完コピ/完母/ギャン泣き/きょうイチ/キラキラネーム/香害/など、約3500語が追加されています。ここに挙げたごく一部の言葉を見ても、最近使われるようになった言葉が豊富に収録されていることがわかると思います。

一方、MDやスッチー、着メロ、ピッチ、ペレストロイカなど、多くの言葉が収録されなくなっています。

これについて編集者の一人である飯間さんは次のようにツイートしています。

また、「ネットで検索して解決する場合は、辞書の出番はない」とさえ言い切ってしまってます。

さて、現物を見ていきましょう。

f:id:digistill:20211220205013j:plain

三省堂国語辞典は横幅が少し小さめのB6変型判で使いやすいと思っていたのですが、第八版から小型国語辞典でよくあるB6判に変わりました。

f:id:digistill:20211220205210j:plain

紙面が大きくなったので全体的に見やすくなっています。

f:id:digistill:20211220205545j:plain

左:第七版、右:第八版

写真の撮り方で第七版の活字が大きめに見えますが、実際は第八版の方が大きいです。見出しのフォントも太くなって見やすくなっています。

小口の表記も工夫されています。

f:id:digistill:20211220205839j:plain

左:第八版、右:第七版

第八版には「由来」などのお役立ち情報アイコンが追加されました。語釈もかなり変わっています。

f:id:digistill:20211220210119j:plain

f:id:digistill:20211220210143j:plain

詳しい特徴などは特設サイトを見てみてください。

dictionary.sanseido-publ.co.jp

 

Digistillへの連絡はこちらから