αゲルスイッチの口金付近の音を消す方法

αゲルスイッチにはクルトガエンジンが実装されていますが、通常のクルトガと違って、クルトガエンジンはペンの上側にあります。クルトガダイブに似ています。

f:id:digistill:20220306135345j:plain

αゲルスイッチはクルトガオフの時は剛性が高く、しっかりと書けるのですが、クルトガモードをオンにすると筆記時のカチャカチャ音が比較的大きめです。金属の筒とシャープペンシルユニットが干渉している音だと思っていました。しかし、上の写真の状態で筆記しても特に気になる干渉音はしません。と言うことは、音はペン先と口金が干渉していることによって生じていることになります。

ボールペンだとペン先にPPテープを適量巻き付ければ、大抵の場合、干渉音は消えます。しかしながら、クルトガはスムーズに回る必要があるので、PPテープを巻き付けるわけにはいきません。そこでペン先にたっぷりとグリースを塗布しました。(上の写真は既にグリースを塗布しています)

f:id:digistill:20220306135225j:plain

こうすることによりグリースが緩衝材となり、口金と内部ユニットが直接ぶつかるのを防ぐことができます。実際、こうすることによりカチカチ音はほとんどしなくなりました。こんなにたくさん塗布する必要があるのかどうかわかりませんが。

グリースが筒の内部に入り込む可能性はありますが、動作上、特に問題はないと判断しています。ただし、クルトガエンジンの回りに関しては抵抗になる可能性がゼロではありません。

実際使ってみても特に不具合は感じませんが、やる場合は自己責任でお願いします。

口金付近の音がしなくなるとαゲルスイッチはかなり静かです。クルトガダイブ含め、クルトガシリーズでは一番静かだと思います。また、クルトガエンジンの動作もスムーズで軽い筆圧でスルスル回ります。使用感はかなりいいです。

個人的にはグリップのαゲルのブニブニした感じにまだ慣れません。

 

 

Digistillへの連絡はこちらから