パイロット S20ボールペン

今日はゴールデンウィークで休みってこともあり、自宅からはかなり遠いのですが、うさぎや福山南店に行ってきました。TWSBIやクルトガダイブを買った店です。

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルの新しいタイプのものが気になっていたのですが、実際に手にすると長時間筆記するには結構重く感じました。せっかくだから何か買おうと思って店内をぶらぶらしていると、S20のボールペンが目に止まりました。店頭展示品だったので若干傷が目立ちましたが、実用的に使うペンなので気にせず買ってきました。

色はダークブラウンです。

まず、シャープペンシルのS20と比較してみましょう。

上がシャープペンシル、下がボールペンですが、軸のデザインはほぼ同じです。

重量は、ペンが19.3グラムシャープペンが17.9グラムです。1.4グラムの差は手にするとすぐにわかります。

偶然にも木目がそっくりです。確信はありませんが、あまりにもそっくりなので、この木目は人工的に作られたものかもしれません。どうやって作ってるんでしょうか。店頭のペンを見ると、どれも違う木目に見えるので、人工的に作られているとしてもバリエーションがいくつかあるんだと思います。これが偶然の一致だとしたら、奇跡的なレベルです。

重心位置はこんな感じです。

ボールペンの重心位置は軸のほぼ真ん中です。

ペン先とノックボタンを観察してみます。

口金とリフィルの隙間は最小限に抑えられており、ガタつきは最小限です。グリスを塗布すればほぼ完璧です。

ノック式のペンの口金内部にグリスを塗布するとカチカチ音がしなくなることを発見しました。しかしながら、隙間が大きいペンに関しては音は軽減するものの筆記時にガタついたり、ビビったりするものもあります。

ノックボタンの先端には木の部品が埋め込まれています。ノックボタンはバネの張力で固定するタイプですので、ノックした後でも動きません。筆記時にノックボタンと軸が干渉して音が出るペンがありますが、S20は大丈夫です。わざと振ると少し音がするレベルです。

ノック音は比較的静かです。

リフィルはBRFN-10Fというものです。手持ちのペンだと、ドクターグリップのリフィルと同じです。内蔵されているインキはアクロインキです。

新油性インクなので、筆記感はなめらかで線も濃く書けます。ドクターグリップもそうですが、BRFN-10Fは若干ダマが出やすい印象です。

実はジェットストリームの回転繰り出し式シングルの新しいタイプやコクーンも気になっていたのですが、どちらも重量が30グラムオーバーで、常用するにはちょっと重いかなと思いました。

S20は2000円と比較的安価な割に高級感があります。細部までよく設計されていて完成度は高いです。重量が20グラムない程度ですし、重量バランスも良いので長時間筆記しても問題ないと思います。

特に欠点らしい欠点は見当たらないので、S20のシャープペンシルを気に入って使っている人ならすんなりと手になじむと思います。

これを使うとレグノのボールペンも気になりますね。

 

 

 

 

 

Digistillへの連絡はこちらから