3Mインデックス 682-1-B

以前も紹介しましたが、3Mの インデックスを2つ追加しました。

ポストイットシリーズなので、貼ったり剥がしたりできます。いわゆるフィルムタイプなので、丈夫です。100枚入りで350円くらいするのでちょっとお高め感がありますが、使い勝手がいいので引き続き使おうと思います。

 

日曜日の午後 ビクトリノックスで鉛筆を削る

ハイユニの2Bでラクガキをしていました。

1.3 mmシャーペンって、鉛筆でいったらどの程度書いた時くらいの使用感になるのだろうか。みたいなことです。

鉛筆を削るのに、自宅では主にカールのエンゼル5ロイヤルを使っています。

時々、オルファのクラフトナイフS型を使って手で削ることもあります。

ちょうど、ハイユニの2Bの芯が程よく丸くなってきたので、今日はビクトリノックスで鉛筆を削ってみることにしました。

ビクトリノックスの小さなナイフでも意外と普通に削ることができました。丸くなった分を少し整えるだけなので、そんなに時間はかかりません。

サバイバル時の筆記具として、鉛筆とビクトリノックスは最高の組み合わせかもしれない。そんな機会がいつあるかはわかりませんが、そんなことを考えながら削っているとちょっと楽しい気持ちになります。

思考力改善ドリル

3年半前に買って、最後まで読んでなかったので、最初から読み始めてます。

f:id:digistill:20240706133917j:image

難しい読み物ではなくて、まさにドリルなので、クイズ感覚で読み進められます。

ありがちな問題もありますが、なるほどねと思う問題もあります。

これを読むだけでどれだけ賢くなるかは分かりませんが、そういう知見とパターンがあると知るのは悪いことではないと思います。

ジジイの文房具 沢野ひとし

気になる本が目についたので買ってきました。

ジジイの文房具。発行日は2024年の3月31日です。

沢野ひとしといえば、私にとっては「本の雑誌のイラストの人」です。

書店でパラパラっとめくってみたのですが、少し文章を読んだだけで、この人はガチの文房具好きだなってのがすぐにわかりました。

文房具との付き合い方、文章、イラスト、本のどこを開いてもワクワクします。文房具の好みも自分とちょっと似てる気がします。

文房具好きならぜひ手に取ってほしい一冊。

ぺんてる フローチューン

昨日発売になったぺんてるのフローチューンを買ってきました。

ボール径は0.3,0 0.4, 0.5がありますが、試筆をした結果、今回は0.5だけ買ってきました。

クセのないすっきりしたデザインです。

リフィル形状はエナージェルと互換性があります。

筆跡はこんな感じ。黒々とはっきりした線が出ます。

ダマが出やすく、裏抜けも結構ありました。インクの乾きは若干悪いです。

ファーストインプレッションでは筆記感はゲルインクのエナージェルに近いと感じました。しかし、じっくり比較してみると、ゲルインクよりインクの粘度が少し高いのか、滑るような滑らかさがあります。

ザザザッと書くには悪くなく、これも一つの方向性とは思いましたが、ちょっとインクの完成度が低い感じがしました。

連絡はこちらから