Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

能率手帳にクリップつけた

手帳は能率手帳の小型版を今も使い続けています。最初は小さすぎるかなと思っていたのですが、使ってみると特に大きさは気になりません。

出来るだけシンプルに使いたかったので、ペンはクリップを使って直接手帳の表紙に取り付けていたのですが、どんどんボロボロになって、裏表紙の紙が剥がれてきました。

f:id:digistill:20200709204351j:image

上の写真は接着剤を使って剥がれた裏表紙を貼り付けた後です。

あと半年は形を保ってもらわないと困るので、引き出しに入っていたミドリカンパニーのミニクリップペンホルダーを取り付けることにしました。これは以前、ロディアに使ってたものです。

f:id:digistill:20200709204555j:image

一月ほどこの状態で使っているのですが、いい感じです。

ロディアだと割とクリップがズレやすかったのですが、能率手帳の場合、程よい厚みと表紙が樹脂なので多少食い込んで、滑り止めにもなるのでほとんどズレることはありません。

f:id:digistill:20200709204757j:image

f:id:digistill:20200709204819j:image

ただし、注意点があります。このホルダーはペンを選びます。

太めだったり、ラバーグリップだったりすると、脱着に手間取ります。また、ホールドする部分が金属のバネなので、ペンに傷が付きやすいと思います。高価な筆記具を取り付けるのはちょっと抵抗があります。

私のベストチョイスはパイロットのスーパーノックです。このペンは何度か紹介しましたが、ノック式の油性ボールペンで、定価が80円と格安です。口金が柔らかめの樹脂なので、ペン先がカチャカチャすることはありません。旧油性タイプですが、書き心地は悪くありません。太さは0.7ですが、油性ボールペンなので線は細めにでます。安価なノック式の油性ボールペンとしてはジムノックも捨てがたいのですが、ラバーグリップなので、このペンホルダーにはあいません。

オール樹脂のアクロ300でも良さそうなものですが、こちらは出し入れする際に、キキっという耳障りな音がします。

f:id:digistill:20200709205809j:image

 

 

 



SEIKO SQ698S

普段は腕時計もしませんが、置き時計も持っていません。時間はもっぱら、iPhoneかパソコンで確認しています。それで特に困ったことがないので深く考えたこともありませんでした。

最近、温湿度計が欲しいと思い、温湿度計機能付きの置き時計を買うことにしました。

そんなに高くなくて、どうせならカレンダー機能もある物を探しました。電気量販店に行くといろんなものが置いてます。ネットで買ってもいいのですが、液晶の見え方とか、物としての雰囲気がよくわからないのは嫌なので、事あるごとに店頭でチェックしてました。

そして今日買ったのがSEIKOのSQ698Sです。

f:id:digistill:20200704203732j:image

特に決め手はなかったのですが、大きさとデザイン、日時と曜日、温湿度計機能付き、電波時計、液晶もそこそこ見やすいです。電池の寿命は1年なので、まぁ、そんなもんですかね。量販店で2000円くらいでした。

電波は5分くらいで拾ってました。

 

 



仕事ホッチキス マックス HD-10TL

ホッチキスはそれほどハードに使うわけではありませんが、ほぼ毎日のように使う文房具です。紙を綴じる方法はいろいろありますが、私はホッチキスの手軽さが好きです。

以前、HD-10TLというホッチキスを紹介しました。

MAX 仕事ホッチキス - 食う寝る記す(Digistillの文房具日記)

仕事場にもひとつ置いて使ってるのですが、最近はこれしか使ってません。

f:id:digistill:20200625234202j:image

32枚綴じのサクリフラットも引き出しに入ってます。サクリフラットは針が平らになるフラットクリンチ式ですし、コンパクトで32枚も綴じられる優れものです。

一方、HD-10TLは昔ながらのクリンチ方式ですし、最大20枚しか閉じることができません。しかも、結構大きい。スタンダードなHD-10Dと比べるとこんな感じ。

f:id:digistill:20200625234519j:image

HD-10Dも割と大きめですが、これだけ差があります。

しかしながら、圧倒的に使い心地がいいんです。サクリフラットで紙を綴じる感覚が、ガチャコン!とすれば、HD-10TLはサクッという感じです。引き出しの中には3種類のホッチキスが入ってますが、自然と手にするのはHD-10TLです。綴じるときの軽さや質感がいいんです。実際に普段使いしてみると、さほど大きさは気になりません。いや、大きいですが・・・、慣れます。

普段綴じる枚数は10枚以下が多いですから、20枚綴じでほぼ問題ないです。多く綴じたい場合は、サクリフラットを引っ張り出してくればいいだけです。

最上級の品質と言ってもいいHD-10TLとはいえ、定価は800円。ホッチキスは滅多に買い換えるものではないので、このくらいの投資はしても損はしないと思います。

ちなみに、ホッチキスと合わせて持っておきたいのが、はりトルProです。

サンスター文具 ホッチキスの針外し はりトルPRO - 食う寝る記す(Digistillの文房具日記)

私はすぐに紙を綴じますから、割と頻繁に針を外します。シュレッダーにかけるのも1束なら針ごとかけるのですが、大量に処理するときは針を外して、フィーダーに突っ込んでシュレッダーした方が早いんです。はりトルを一度使ったら今まで苦労して取ってたのはなんだったんだ、、、と間違いなく思います。目からウロコのいい商品だと思います。これはホッチキスとセットで持っておくべき道具です。

 

 

はりトルPRO 155-435

はりトルPRO 155-435

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 



 



Digistillへの連絡はこちらから