グリップ感と塗装の謎

(お題目はAI自動生成です)

今日もCR01ネタです。

CR01にはラバーグリップがありますが、マットブラックの塗装部分もけっこう滑りにくいです。

マットブラック塗装はかっこいいんですが、塗装の種類によっては滑りやすいです。

上から、CR01、ゼブラシャーボLT3、ラミーピコ

シャーボもピコもちょっと滑りやすいです。

塗装の状態を拡大して観察してみます。

左から、CR01、ピコ、LT3

CR01の塗装の目が細かいことがわかります。塗装のことは詳しくないですが、塗料の種類によっても滑りやすさに差がありますし、表面のわずかな凹凸(表面粗度)によっても差が出ます。マットブラックは使い込むと次第に表面の凹凸が慣らされて、塗装面がなめらかになってきます。そうなるとまた手触りが変わってきたりします。

そんな中、CR01の塗装は新品に近い状態でもしっとりとした摩擦感があります。CR02にはラバーグリップがありませんが、この塗装なら結構、書き心地が良いんじゃないかと予想します。

ちょっと話はそれますが、シャーボ XのLT3には限定のTF12というモデルがあります。

表面が格子状になっていて、格子の溝部分には黒い塗料が流し込まれています。

この軸にはラバーやローレットとは異なる独特の心地よいグリップ感があります。

普通のLT3は3000円くらいで手に入れることができますが、TF12は12000円くらいしました。でも、その価値は十分あると思います。LT3はシャーボの中では一番シンプルな廉価モデルですが、個人的にはコレが一番かっこいいと思ってます。

まだほとんど使ったことがなく、レア物引き出しに入れっぱなしですが、いつか仕事とかで使ってみたいと思っています。

CR01とOPTのグリップ感が結構似てた

CR01のグリップ感がなんとなく何かと似てるなぁ・・・と思って、探してみたら、パイロットのオプトでした。

グリップをアップで比較してみます。

左:CR01、右:OPT

CR01のグリップの細い部分から太い部分の径: 10.5 - (11.5) - 11.8

オプトのグリップの細い部分から太い部分の径: 10.2 - (11.5) - 12

CR01は太めに始まって細く終わり、オプトは細めに始まって太く終わる感じです。途中のカッコは手で握るかなぁと思われる部分の太さです。

握るところの径や勾配が似ている上に、材質も結構似ているので、握った感じが近い感じがするんでしょうね。

 

プラチナセンチュリー3776ローレルグリーン

万年筆は使用頻度の低いものはインクを抜いて保管しています。

一方、購入してからずっとインクが入っている万年筆も何本かあって、その中のひとつがプラチナのセンチュリー3776 ローレルグリーンです。2019年の3月に東京の丸善で買いました。

パイロットのキャップレスもお気に入りの一本ですが、キャップレスはなめらか系です。一方、3776はサリサリ系です。サリサリ系ではありますが、紙への引っ掛かりを感じるほどではありません。

万年筆の良さは、ペン先が紙に触れた瞬間にインクが紙に乗ることです。また、その時の衝撃をニブの弾性がうまく逃がしてくれます。

インクは純正のブルーブラックを使っています。いわゆる古典インクで、耐水性がそこそこあります。3776にはスリップシール機構が実装されているので、しばらく使わなくてもペン先が乾くこともありません。古典インクでも安心して使えます。

中字の線幅はゲルボールペンの0.5と同じくらいで、筆圧によってはちょっと細く、普通に筆記するのにちょうどいい太さだと思います。

アクロ500をロルバーンと組み合わせる

メモやスケジュールは基本、アナログです。

写真で撮った方が早いものは写真で撮りますが、スマホで文字を書いてメモすることはあまりないです。

紙に書いて、スマホで写真に撮ることは結構あります。

なんでそんなことをするかというと、アナログだと書くときに記号などを自由に書けるからです。単語を囲ってみたり、矢印同士で繋いでみたりして考えをまとめることができます。

ふと思い立ち、ロルバーンのリングの部分に入り、しっくり収まるペンはないかなぁ・・・と探していたらアクロ500がぴったりでした。ZOOM707でもいい感じですが、落とした時のダメージが大きいです。

ペンは時々なくします。しかも、私の場合、持ってるペンが多すぎて落としたことにしばらく気がつかないこともあります。ペンケースに入れずに使うペンは安いものの方がいいです。

 

CR01をしばらく使ってみた感想

CR01をしばらく使ってみての感想です。

まず第一に、見た目がかっこいいです。

形状はほとんどセルサスと同じですが、セルサスはどちらかというと昔ながらの高級感って感じですが、CR01は普通にかっこいいです。

キャップはポストせずに使っていますが、その状態だと比較的低重心でバランスがいいです。

グリップの太さ、形状、質感が適切で握り心地がいいです。

欠点はキャップの勘合がやはりちょっと固く感じます。もう少し軽くキャップを外せれば使い勝手が上がると思います。

シンプルイズベスト。

ちなみに、リフィル交換時にネジを緩める際にキュキュッという音がしますが、ネジ部を軽くグリスアップすると全く音はなくなりました。特に緩みやすくなるとかということもないようです。

連絡はこちらから