読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペーパークリップ CLIPPIE

文房具

今日、とあるオーディションに行ったんだけど、そこでもらった資料が見たことのないクリップで留められていた。よく見ると、CLIPPIEと書いてある。初めて見たんだけど、これがなんともすぐれものなのだ。

www.bumpodo.co.jp

f:id:digistill:20170223212525j:plain

f:id:digistill:20170223212530j:plain

どんな感じなのかは公式の動画を見てもらった方が早い。


文房堂 CLIPPIE クリッピー

片手でスルッとはめることができるんだけど、締結力はなかなかのもので、そう簡単に紙は抜けない。紙一枚でもしっかり留まるし、結構多めの紙も平気で固定してしまう。こんな便利なクリップがあったなんて!

これ会社に欲しい。

文房堂 ペーパークリップ クリッピー S100 銀 04875

文房堂 ペーパークリップ クリッピー S100 銀 04875

 

 

 

文房堂 ペーパークリップ クリッピー L100 銀 15972

文房堂 ペーパークリップ クリッピー L100 銀 15972

 

 

筆箱の中身

文房具

リヒトラブ ペンケース A7551-24を使い始めてからしばらくたつが、これは本当に使いやすい。

日々少しずつ変わるけど、今日の状態を撮影してみた。

f:id:digistill:20170222231416j:plain

f:id:digistill:20170222231420j:plain

もうなんていうかどこの小学生ですかって感じが満載か?

当然、こんなに筆記具を持ち歩いても全部使うわけではないが、なんかそばにあると気分が豊かになる。

最近お気に入りなのはサインペン。サインペンはこの前気まぐれで使い始めたんだけど、ポストイットとの相性はいいし、メモにも使いやすい。最近はジブン手帳の月間ブロックに出張期間を表現したりするのに使ったりもしている。物心ついたころから身の回りにあった筆記具だけど、これまで自分のものとして使ったことはなかったような気がする。蛍光ペンとかもそうだけど、この手のペンっていつが終わりかわかりにくくてなんか気持ちが悪いからちょっと苦手意識があった。書こうと思ったらかけるけど決して快適じゃないあの状態がなんとも貧乏くさい気持ちになるんだよなぁ。

その点、ボールペンや万年筆は潔くて、はいここまで!って感じでいきなり終わる。それはそれで、え?さっきまであんなに優しかったのに、いきなり?!って感じで嫌な感じはするけど。って、なんの話だったっけ。

3本目のオレンズネロ!

文房具

3本目のオレンズネロがやってきた!

締めて9720円。

f:id:digistill:20170222211556j:plain

3日待てなかっただけだけど、後悔してない!3本目の0.2はしばらくそのままとっておこう。(;^ω^)

オレンズネロだけど、レビューや感想をチェックしていると、書きやすいという感想が多い。しかし、書きやすさだけでいえば通常のオレンズの方が書きやすいと思う。

少しペンを立て気味にすると快適に書ける。時々ペンを回すとより好ましい。

芯が折れないことと自動芯だし機能、これに関しては素晴らしい。筆圧高めで筆記してもまず芯は折れないし、自動芯だし機能自体に不自然さや違和感は全くと言っていいほどない。その代償として、ペンを傾けるとパイプが紙に擦れる感じが強くなり、筆記方向(左上から右下へ45度)によっては線がかすれ気味になる。