パイロットスーパーグリップG 3色タイプを買ってきました

昨日紹介したパイロットスーパーグリップGの3色タイプを買ってきました。

色はわかりにくいですが、カーキです。3色タイプにしかない色ですし、カーキ色の文房具はあまり見かけないので、珍しいかなと思いました。

f:id:digistill:20180808221353j:plain

実は細身の油性多色ボールペンが以前から欲しいと思っていました。

現在、マーキングにはマルチ8かサインペンを使っていますので、色は3色あれば十分です。

下にいくつかのボールペンとの比較を載せておきます。

↓上から、BIC4色ボールペン、スーパーグリップG3、.eボール、opt

f:id:digistill:20180808221403j:plain

.eボール、optは単色ボールペンですが、スーパーグリップGの方が細いです。

f:id:digistill:20180808221408j:plain

グリップは少し硬めのエラストマーで、表面には正方形のパターンがあしらわれています。

筆跡はこんな感じ。

f:id:digistill:20180808221415j:plain

いわゆる普通の油性ボールペンですが、夏場ということもあるのか、非常に書きやすいです。ジェットストリームよりむしろ適度な抵抗があって好きです。

若干残念なのはクリップが単純な樹脂成型品でバネなどの工夫はありません。使い方によっては折れる可能性がありますし、保持力もあまりありません。

ただ、300円という価格を考えれば、壊れたらリフィルを買う感じで買い足してもそれほど痛くはないでしょう。

エラストマーは適度に硬いため、下の写真のように差し込むタイプのペン差しに、それほど抵抗なく差し込むことが可能です。もちろん、素材や寸法、形状との相性はあると思いますが。

f:id:digistill:20180808221419j:plain

結構気に入りました。

 

パイロット SUPERGRIP G 2・3・4

先日ハンズで、パイロットの新商品「スーパーグリップG 2・3・4」を見てきました。

www.pilot.co.jp

低価格の油性の多色ボールペンです。一番の特徴は細いこと。特に、2色、3色は単色ボールペンとそん色のない細さでした。4色となるとさすがに少し太くなっていましたが、それにしても細いほうだと思います。

油性ボールペンですが、書き味は軽く、書きやすいと思いました。

わたしはロットリングの4in1を使っており、こちらも細身の多色ボールペンで、普段使いしているので、用途が被ると思い、とりあえずは購入しませんでした。リフィルもジェットストリームの0.5に変えていて、書き心地も気に入っています。ただ、振り子式というのは時々想定と違う色が出てきたりして、とっさの時に使いにくい場合があります。また、金属ボディに金属リフィルという組み合わせは、インクの残量が全く分かりません。使用頻度が高いわけでもないので、予備のリフィルは購入していません。バックアップに一本、スーパーグリップGを持っておくのも悪くないかと思ったりしています。

 

SAKURA craft_lab 003

SAKURA craft_lab 003が発表されていました。

craft.lab.craypas.com

サクラクラフトラボの第三弾で、太くて短く重いボールペンです。真鍮とアルミの2種類がありますが、真鍮のほうは55グラム。長時間筆記で使うようなものではありません。

真鍮といえば、ブラスペンシルを持っていたのですが、どこかになくしてしまいました。定規の方は今も手元にありますが、買った当初とだいぶ質感が変わってきています。

f:id:digistill:20180806233920j:plain

独特のにおいがするので実はそれほど好きではないのですが、この質感の変化は気に入っています。ちなみに、よく金属の匂いと言われている匂いがありますが、あれは金属の匂いではありません。普通に考えれば、金属に匂いがあるわけがありません。ではなにかというと、金属表面に付着した皮脂などが金属により酸化した1-オクテン-3-オンの匂いのようです。そう考えるとますます嫌な感じがしてきます。汗

今、キャップレスのマットブラックのような使い込んで塗装が剥げたりしてもかっこいいようなペンが欲しいと考えているのですが、クラフトラボの003もなかなかおもしろいかもと思い始めています。

 

ミドリ 定規 ブラス 無垢 42167006

ミドリ 定規 ブラス 無垢 42167006

 

 

Digistillへの連絡はこちらから