MAX HD-10D 50周年記念モデル

HD-10D 50周年記念モデルですが、入荷したら連絡が来ることになっています。ネットで購入してもいいのですが、実物を見てから買いたいと思っていました。

出張で松山に来ているのですが、三浦屋文具店に行ってみました。この文具店、結構品ぞろえがよくて何度か来ています。エアプレスのアクティブカラーもさっそく置いてありました。

最近、文房具店に行くたびに50周年記念モデルのHD-10Dを探しているので、ホッチキスが置いてあるコーナーに行ってみました。すると、置いてあるではないですか。

入荷したばかりなのか、ひとつも売れている形跡はありませんでした。

ブルーに目星をつけていたのですが、実物を見ると、緑がすごくきれいでした。連絡が来るのを待つべきか、ここで買うべきか10分ほど迷ったのですが、気が付いたらレジにいました。

f:id:digistill:20181018220229j:plain

f:id:digistill:20181018220254j:plain

緑色の限定芯がついています。緑色の芯は売っているのですが、通常版とは色味がちょっと違います。渋めの色です。

f:id:digistill:20181018220246j:plain

ラメ入りの塗装がすごくきれいです。フラッシュを焚いて、撮影してみました。

すごくきれいです。

f:id:digistill:20181018220237j:plain

買う前は使おうと思っていたのですが、しばらく使わずに持っておきます。

ブルーはブルーで買ってもいいかなと考えたりしています。

 

 

 

 

 

 

トンボ エアプレス アクティブカラー発表

10月12日にトンボのエアプレスの新色 アクティブカラーが発表されました。

トンボの目線でレポートする“プチ”インフォメーションページ。

f:id:digistill:20181018003233j:plain

エアプレスはいわゆる加圧式のボールペンです。加圧式だと上向きや垂直な状態で筆記してもペン先から空気が入らないので、筆記が可能なんです。

ユニのパワータンクはリフィルの内部がすでに加圧されていますが、エアプレスはノックの力でリフィルの端部から加圧空気を作用させるような仕組みになっています。パイロットのダウンフォースが同じような仕組みの加圧ボールペンです。

エアプレスは現場で使うことを考え、ショートタイプでボディ全体がラバーのような素材(エラストマー)で包まれています。紐を通す穴があるので首から下げることも考慮されています。特徴的なのはクリップです。金属の弾性を使ってはいるのですが、ワイヤーの固定位置を互い違いにすることで、開いたときにワイヤーに捻じれが生じるような構造になっていて、その捻じれにより生じた弾性でクリップの固定力が生まれます。構造がシンプルで壊れにくいのではないかと思います。

欠点は、ペン先のネジがピッチが広く、ネジ山が低いので、締めるのが難しいです。何も考えずにねじ込むと、確実にネジ山を壊すと思います。ご注意。

 

 

digistill.hatenablog.com

 

トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス 0.7 透明 BC-AP20

トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス 0.7 透明 BC-AP20

 

 

ブラス万年筆と無印良品アルミ丸軸万年筆のペン芯がよく似ている

ブラス万年筆とアルミ丸軸万年筆のニブが似ているような気がして、比べてみました。

左がブラス万年筆、右が丸軸万年筆。

f:id:digistill:20181015000604j:plain

よく似ていますね。同じようにしか見えません。

表の様子。

f:id:digistill:20181015000612j:plain

ハート穴がありなしで異なりますが、全体的な形状や、ペンポイントの形状はよく似ているような気がします。

ネットの情報を調べてみると、アルミ丸軸万年筆はOHTOのOEMでニブはシュミット製、ブラス万年筆はOHTOのOEMである、などの情報がヒットします。これらの情報から推測すると、おそらくブラス万年筆のニブはシュミット製でアルミ丸軸万年筆とほぼ同等と考えてもいいのではないかと考えています。あくまでも限定的な情報による推測ですが。

筆跡を比べてみましょう。

f:id:digistill:20181015001717j:plain

インクは違いますが、線の太さは同じくらいです。

筆記感は固定部の材質やペン自体の重量などによって変わるので何とも言えません。アルミ丸軸万年筆はサラサラサラという感じで、ブラス万年筆はスルスルスルといった感じです。アルミ丸軸万年筆は軸自体に筆記音が共鳴しているような感じがあり、筆記音も大きめです。ただ、それらを脳内で差し引いて、ペン先の雰囲気だけに集中すると、よく似ています。

ニブを固定している部分の樹脂の形状・大きさもよく似ているので、最悪ニブを壊してしまったら、アルミ丸軸万年筆のニブを移植することもできるかもしれません。

先日購入したKawecoのペン先ユニットが1620円したことを考えると、1000円でニブが購入できるブラス万年筆のほうが安上がりかもしれません。

Digistillへの連絡はこちらから