パイロット インキ ブルー、ブルーブラック

パイロットのブルーとブルーブラックが好きです。このふたつのインクはずっとカートリッジで使ってきたのですが、ボトルで買ってきました。

f:id:digistill:20190214195906j:plain

パイロット インキ ブルー、ブルーブラック

箱を開けると小さくてかわいい瓶が出てきました。

f:id:digistill:20190214200046j:plain

容量は30 mlで400円です。

色彩雫のボトルと比べるとこんな感じです。

f:id:digistill:20190214200212j:plain

手のひらの上。

f:id:digistill:20190214200247j:plain

なんかかわいい。

ちなみに、70 mlのボトルもあります。350 mlという超大容量のボトルもありますが、こちらは個人利用するには多すぎると思います。

1 mlあたりの価格を計算してみましょう。価格は税抜きの価格を使っています。小数点第一位を四捨五入しました。

30 mlボトル(400円) - - - 13 円 / ml

70 mlボトル (1000円)- - - 14 円 / ml

350 mlボトル (1500円)- - - 4 円 / ml

30 mlボトルのほうが70 mlボトルより割安です。ボトルの価格差でしょうか。

カートリッジインクは1本0.9 mlが12本入りで400円ですから、37 円 / mlとなります。結構割高です。

ちなみに、色彩雫は50 mlボトルで1500円ですので30 円 / mlとなります。

このインクの何が好きかというと、色です。

f:id:digistill:20190214200943j:plain

ブルーは少し放置して濃くなるとブルーブラックかなというくらいはっきりとした色になります。

パイロットのブルーやブルーブラックは染料インクですが、比較的耐水性が高いのも特徴です。顔料インクにはかないませんし、色も流れますが、判読が不可能になるまでは落ちません。

他の青系のインクと少し色味を比べてみましょう。絶対的な色味に関しては全く参考になりませんが、相対的にそんなもんかなという程度に見てください。

f:id:digistill:20190214201312j:plain

インクはプレラに入れました。

f:id:digistill:20190214201911j:plain

ちなみに、お気に入りのキャップレスはカートリッジのブルー。その他、カクノやコクーンF、M、ボーテックスなどにもカートリッジのブルーを入れています。色彩雫月夜はカスタムヘリテイジ912ウェーバリーに使ってます。

 

パイロット 万年筆用インキ INK30BB 30ml ブルーブラック

パイロット 万年筆用インキ INK30BB 30ml ブルーブラック

 

 

 

パイロット 万年筆用インキ 30ml ブルー INK-30-L

パイロット 万年筆用インキ 30ml ブルー INK-30-L

 

今日の筆箱

筆箱や筆箱の中身は少しずつ変わりますが、今日はこんな感じです。

f:id:digistill:20190212210227j:image

  1. 無印良品 ポリプロピレンケース
  2. 無印良品 アルミクリア定規 15 cm
  3. 無印良品 ポリプロピレンノック式蛍光ペン ピンク
  4. ゼブラ ジムノック 青
  5. ぺんてる オレンズネロ 0.3
  6. ゼブラ ブレン 0.7
  7. ゼブラ デルガード  +2C
  8. コクヨ リサーレプレミアム

蛍光ペンはぺんてるのハンディラインSと同じなのでどっちでもいいんですが、無印良品の方がシンプルな感じです。

f:id:digistill:20190212210730j:image

自宅ではぺんてる マルチ8をよく使いますし、消しゴムはトンボ鉛筆 モノスティック、シード スレンディプラスなども合わせて使ってます。

シャープペンシルは気分によって使うものを変えますが、オレンズネロ率が高いです。書き味はそれなりですし、下敷きを使ったり、紙の質も選びますが、ノックフリーの便利さは慣れると手放せなくなります。

ブレンは汚れやすいのが気になりますが、油性ボールペンの中でかなり使いやすいです。無印良品のらくがき帳との相性が最高です。ちょっと紙質が悪い方が気持ちよく書けます。

ジムノックも書き心地がいいです。ブレンも顔負けの安定感があります。コスパが最高です。

ちなみにフリクションなどのカラーペンをたくさん入れたジッパーケースも常に持ち歩いてますが、使用頻度は低いです。

(最後にジムに行ったのがちょうど一週間前。出張などで行けませんでした。今日は行こうと張り切ってたのですが、午後から咳が出始めました。実は2、3日前から風邪がくるような予感がありました。悪化しませんように。明日はさすがに行きたい!)

トンボ鉛筆 モノグラフ グリップモデル 0.5

文房具屋さん大賞のデザイン賞がトンボ鉛筆のモノグラフ グリップモデルでした。以前から少し興味があったので、手に入れることにしました。

色はブルー、定価450円。

f:id:digistill:20190210135636j:plain

トンボ鉛筆 モノグラフ グリップモデル 0.5

モノグラフは大きめの消しゴムが実装されでおり、クリップでノックするタイプのシャープペンシルです。

f:id:digistill:20190210140034j:plain

また、フレノック機構によって、振って芯を出すことができます。クリップを上に押し上げることにより、フレノック機構をロックすることができ、不用意に芯が出るのを防ぐことができます。金属製のクリップの上部にはギザギザのついたプラスチック部品が設置してあり摩擦係数が高くなっています。

モノグラフのノーマルバージョンと比べてみましょう。

f:id:digistill:20190210140111j:plain

上:ノーマル、下:グリップモデル

個体差かもしれませんが、ノーマルバージョンのほうがフレノックしたときに芯が出やすいです。

グリップがラバーになっているのは当然ですが、クリップが樹脂から金属になっているのが大きな違いになります。クリップ自体は金属ですが、本体とは樹脂部品でつながっているため、固定の強度はそれほど上がっていないと思います。

グリップのラバーは比較的硬質ですが、グリップ力はかなり上がったように感じます。

 

f:id:digistill:20190210141301j:plain

グリップに少し段差がありますが、その部分に人差し指が収まることで安定感が高まる感じがします。

クリップはノーマルよりも気持ち大きく、その分、先端が少し伸びていて手に当たりやすいです。矯正した持ち方でもわたしの手の大きさだと確実に当たってしまいます。

モノグラフが定価350円で、グリップモデルが450円なのですが、100円の価格差はまぁ妥当かなといったところです。

 

トンボ鉛筆 シャープペン MONO モノグラフ ラバーグリップ付 ターコイズ DPA-141C

トンボ鉛筆 シャープペン MONO モノグラフ ラバーグリップ付 ターコイズ DPA-141C

 

 

Digistillへの連絡はこちらから