デジカメWatch

富士フイルム、14.3倍ズームのCCDハニカム搭載機「FinePix S100FS」
公式ページにあるサンプル画像を見たが、コンパクトデジカメにしてはかなり画質がいい方だと思った。
個人的にはこの性能でこの画質なら、正直一眼レフは要らない。
まぁ、問題はメディア、電池を含む重量が限りなく1kgに近いということだ。せめてDiMAGE A1程度の重さ(600g程度)ならなぁ。
レンズをがちゃがちゃ持ち歩くことを考えれば軽いとも言えるが、下手な一眼レフよりも重いのはいただけない。とはいえ、一眼レフかS100FSかどちらか選べと言われたらS100FSを選ぶと思う。個々の性能はさておき、焦点距離やマクロなどを考慮した上でS100FSのレンズを一眼レフで実現しようと思ったら、相当量のレンズを持ち運ぶ必要があると思われるからだ。
ただ、もう一方では、自分の撮影スタイルを考えれば、超マクロも超望遠も必要ない。そうならば、適度な大きさの一眼レフに標準ズームを一本付けていれば十分とも言える。それ以外に装備をしなければ、カメラ自体はF100FSよりも軽くできるのだ。
まぁ、最終的には、自分が普段何を撮るかでどういうカメラを持つべきかは決まってくる。
何がいいとか悪いではないことだけは、忘れちゃいけない。