どこか懐かしい風景や、暴力的にぎらぎらした海や、獣の視線。
時が流れれば何かが変わると信じていた日。結局は何も変わらない景色がそこにあった。
全ての結果としての自分。
結局、変わっていなかったのは自分だったのかもしれないな。