「負けない力」橋本治

著者曰く、この本は何かの役に立つ本ではない。確かに、直接的に役立つノウハウや技術が書いてあるわけではない。
この本はちょっと変わった感じで書かれていると思った。著者がああでもない、こうでもないと思考を巡らす過程をトレースしつつ、自分も共感している、そんな感じ。正直、一度読んだだけでは腹に落ちてこない部分もあったが、なんかそうなんだよなぁと共感する部分も多かった。と、同時に、物事をそんな風に捉えることもできるのかと、違う視点にも気がつくことも多かった。
自分を取り巻くこの世界をどう捉え、どのような姿勢で生きていくべきか、そんなことを考えさせられた本だったように思う。
 

負けない力

負けない力