じゃじゃ馬カスタム74

カスタム74は方々で評判がいいんだけど、どうもMもFMもしっくりこなかった。まず、筆圧をかけないとインクが出てこないのが気持ちよくない。あと、ペンを押したときにインクが出にくいのが気持ちが悪い。

長原さんに調整してもらったとき、押して線を書いてみんさいと言われ、す~っと線が書けるようになったのには感激した。しかし、ステンレスニブのいわゆる鉄ペンはたいてい普通に書ける。というか、むしろ金よりも変形しにくいからか、安定した線が引けるのはステンレスニブだ。

そんなじゃじゃ馬カスタム74だけど、調整直後は調子が良かったものの、次第に書き味が悪くなり、半ば放置気味だった。しかし、せっかく手に入れたかわいい万年筆だから、なんとかならないかと、ニブを引っこ抜いて位置を正してみたり、思い出したようにメモ書きに使ったりしているうちに、最近はだいぶまともな線が引けるようになってきた。ただ、押して線を引くときと、右から左に「-」と書くと線が細くなる。これを確認するには○を書くとわかりやすい。

P1070587.JPG

 

カスタム74の左下の線が細いのがわかるだろうか。

日本語を書く時にはペンを押したりして線を引くことはほぼないので、実質的に大きな問題はない。ただ、図形や英語の筆記体とかにはあまり適切ではなく、書いていて気持ちよくない。