初心忘れるべからず

最近、ラジオ英会話を聞き始めた。

ラジオ英会話を聞くのははじめてだが、最近はネットで聞けるし、ソフトを使えば音声をPCに録音することもできるので、後でiPhoneで聞いたりすることも簡単にできる。

去年からバスで通勤していて、帰りは40分ばかり歩いて帰るので、その間に聞いて復習している。どうせすぐ忘れるけど、空き時間を見つけてはノートに気になる英文を書いて暗記する。学生時代を思い出して楽しい。

そもそも学校では英会話なんてのをほとんどまともに習ってきていない。外国で英語でコミュニケーションを取ろうとしても、単純なやりとりはできるものの、少し込み入った話になると思いを伝えることができない。なんとももどかしい。

いまさらネイティブのように話せるようになりたいとも思わないし、また、英語以外にも勉強しなければいけないことが山ほどある。

自分は資格試験みたいなものにはほとんど興味が持てないので、TOEICなどを目標にしようとは思わない。まずはラジオ英会話レベルの言葉がスラスラと口から出てくるレベルを目指したい。

改めて思うけど、自分がやってきた読解中心の英語の勉強ってのはあまり賢い英語の勉強の仕方ではないような気がする。だって、人って読む前にまずしゃべるものだから、しゃべることを重点的に学んだほうがいいと思う。

で、練習に使うペンはもちろん万年筆だ。万年筆って勉強に適した筆記用具だと感じる。エンピツなどに比べると、筆跡がくっきりとしているので、印象に残りやすい。ボールペンほどペン先がすべらないのでしっかりとした筆記感がある。程よい手応えが心地いい。

初心忘れるべからず。まずは継続することからはじめたい。 

P1050713.JPG