Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

インラインスケート初体験

5時半になんとか仕事を終えて、昨日靴を買った店にインラインスケートを教わりに行った。
店に行ったら、常連が数人居た。
ベテランっぽくて、こえぇなぁ〜と思ったが、普通にいい人で緊張はすぐに解けた。
早速店長に教えてもらった。
はじめは室内で靴、防具の付け方、基本事項や基本用語や心構えなどを教わり、立ち上がり方、転け方などを教わった。この時点で既に一時間近くが過ぎようとしていて、ただ立ち上がるだけなのに汗だくになっていた。
続いてVウォークというただ歩くだけの基本を教わった。しかし、これが意外と難しく体力を使うことがわかった。慣れてしまえばそんなことはないんだろうが、とにかく無駄な力が入りまくりで、滝のような汗をかいた。
続いて外のアスファルトでの練習に移った。
が、しかし、外に出た時点でほとんど足腰が立たない状態になっていて、足下はガクガクだった。
店長が休んでいる間は、別の人が教えてくれた。
常連のつれてきたミニチュアダックスフントにワンワン吠えられたり、近所の小学生に「この人今日が初めてぇ〜?」とかからかわれたりしてもがんばったヨ!汗
本当は軽く滑ってブレーキで止まるというところまでが一日目のトレーニングらしいのだが、おれの場合、アスファルトでのVウォークでグロッキー状態になってしまった。我ながら情けなかったが、もう足腰が岩のように固くなっていた。
家に帰り、飯を食ったが、どうしても悔しくて、社宅の屋上で一時間くらい復習した。
転けないように細心の注意を払いながら、リラックスしてもう一度教わったことをトレースした。
すると、Vウォークもだいぶ出来るようになった。
まだ滑るなと言われているのだが、やろうと思えば、ススィ〜っと滑れるくらいまでにはなった。
それでもまだVウォークは完璧じゃない。きっと、適当に滑れるようになるより、完璧なVウォークの方が難しいと思う。
練習を終えた後、体重を量った。
飯をたらふく食ったのに、いつもより一キロ以上体重が軽くなっていた。
もちろん、水を飲めばもとに戻るだろうが、これを1、2ヶ月続ければだいぶ締まるだろうなぁ。
明日は自宅で練習して、木曜日はまた店に行こう。
早く、ススィィ〜っと滑れるようになりたいな。

Digistillへの連絡はこちらから