ぺんてる グラフギア1000 西日本限定色 紺碧

今日、文房具店に行ったら、ぺんてるの西日本限定色が売っているのに出くわしました。去年発売された紅蓮と漆黒に加え、新発売の紺碧がありました。

三本とも買ってしまおうと一瞬思ったのですが、赤い筆記具はあまり好みじゃないのと、黒はちょっと面白みに欠けるような気がしたので、青がきれいな紺碧を購入しました。

↓上が紺碧、下が通常の0.5

f:id:digistill:20180426202628j:plain

基本的には色が違うだけですが、グリップやラバーの色も深い青でかっこいいです。塗料のせいか、紺碧はわずかにグリップ感が高いように感じます。漆黒や紅蓮も同様に感じました。

惜しくも先日の記事「好きなシャープペンシル」には選ばれませんでしたが、グラフギア1000は次点といってもいいくらい好きです。実はこのメカメカしい感じが最初はあまり好きじゃなかったのですが、使ってみると結構使いやすいですし、この構造が単なる見た目だけを狙ったものではないということが使ってみるとわかります。

 

 

 

 

 

 

Digistillへの連絡はこちらから