Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

文房具

クリスタルオリジナルファイン 0.8 本日発売

ビックからオレンジの後継が出ました。 オレンジの透明軸で30円値上げ。ただ、筆記距離が2キロメートルから3.5キロメートルに増えてるので、より長く使えそうです。 旧油性。 0.8はこれまでにないボール径ですね。 六角、旧油性、ここが守られれば安泰です。…

オレンジビックの後継が存在するようだ

昨日注文したオレンジビックが届きました。 わたしは昔ながらの油性ボールペンの書き味は好きです。 油性ボールペンは強い筆圧が必要と思われている節がありますが、そうではありません。強く書いたら強く書いたなりに、弱く書いたら弱く書いたなりに書けま…

【悲報】ビック オレンジが廃番に

ビックのオレンジといえば、1961年に発売されたロングセラー油性ボールペン。昔ながらの油性ボールペンといえばこのオレンジを思い浮かべる人も少なくないでしょう。 今日、Twitterを何気なくみていたら、とんでもないニュースが飛び込んできました。 【#オ…

ジェットストリームメタルエディションをピュアモルト化してみた

2012年にピュアモルトグリップのジェットストリーム4&1を書いました。 digistill.hatenablog.com このボールペンは高級感があってすごく好きだったのですが、軸部にラバーコーティングが施されていてこれが加水分解によりベトベトになるという欠点がありまし…

PURE MALT ボールペン、シャープペンシル

私は旅先で文房具を買うのが好きです。ネットで買えば少しだけ安く買えるのは知っていますが、それでも旅先で出会った文房具を買うのが好きです。掘り出し物に出会うこともありますし、何より、文房具が旅先の思い出とともに存在するのが好きです。その文房…

ユニボールシグノRT1を久しぶりに使ってみたら、よかった

たまたまユニボールシグノRT1の0.5を使ってみたら、思いのほか使いやすいでした。 書き心地だけで言えば、キャップ式のユニボールシグノがダントツですが、ノック式の利便性は捨てがたいものがあります。ただ、ノック式のゲルボールペンには二つの欠点があり…

ロットリング500 使用レビュー

試しに少し意識してロットリング500を二日間使ってみました。 先日も示した写真ですが、下の写真は上がへデラの製図用シャープペンII 0.5 mmで、下がロットリング500です。 よく似てますね。 ロットリング500を使うまでは使い勝手は似たようなものだろうなと…

ポストイット ノート カラーキューブ

Amazonプライムデーでポストイット ノート カラーキューブを2つ買いました。 会社でもこれ使ってます。 ちょっと高いけど、ポストイットが一番使いやすいです。 ポストイット 付箋 超徳用 ノート キューブ パステルカラー 75×75mm 500枚 CP-33SE-AM スリー…

LAMY abcが滑らかになった

*注意:ニブを引っこ抜くのは基本的にはあまりオススメしません。自信がない、壊れると困ると思う人は以下の記事を参考にしないでください。 LAMYのニブはペン芯にはめ込んであるだけなので、ちょっとしたコツですぐに引き抜けます。 ウェブを検索するとテ…

ポストイット仕事法

仕事をしているといろんな次元の仕事が次々と舞い込んできます。 レポートのチェックや、ミーティング時間の調整、講演会の演者の選定から事務局や講師とのスケジュール調整、電話、荷物の送付、実験や作図の依頼などなど、作業してると電話がかかってきて、…

LAMY カートリッジ 青

使っていないサファリのコンバーターが余っているのですが、abcはラバーグリップなのでインクを吸入すると拭き取りにくそうな気がして、カートリッジを買いました。試しに少しインクをつけてみたらやっぱり少し拭き取りにくい感じでした。水をつけて拭き取れ…

LAMY abc

お気に入りの万年筆のひとつがLAMYサファリです。自宅で落ち着いて書くときにはパイロットのキャップレスを使うことが多いですが、持ち運んで使う頻度が高いのはサファリEFです。調べてみるとちょうど6年前に購入したようです。つや消しの表面は少しツルツル…

OHTOの改良に期待 GS01-S7

GS01-S7ですが、お気に入りです。仕事ではほぼメインで使っています。 軸形状が手に心地いいのと、ノック感の小気味良さがクセになります。ペン先のグラつきも気になりませんし、筆記感もいいです。 使ううちに少し傷も増えてきましたが、それがまたいいです…

PG-METAL 350のクリップは素晴らしい

上から PG-METAL 350(PG317) GRAPH1000 FOR PRO(PG1009) GRAPH600(PG605) P209 orenz(PP1005G) よく見ると、それぞれ特徴があります。 以下、写真の右側を上とします。 まず、PG1009ですが固定部分の上部から一旦上に上がって、下に降りるパターンです。真っ…

PG-METAL 350使用後の印象

しばらく使ってみてPG -METAL 350を特徴づけているポイントが見えてきました。 φ10 mmのグリップ クリップ位置が高い 低重心 下の写真はお気に入りのシャープペンシルの一部です。 それぞれのペンの特徴を上の3項目で評価すると以下のようになります。クリ…

PG-METAL 350の予想

先日、今度発売するPG-METAL 350と海外モデルのP365がよく似ているのではないかということを書きました。 以前、P365の記事で、チャックが細いというようなことを書きましたが、ちょっと勘違いしていたようです。下の写真を見てください。左がP365、右がグラ…

ピグマホルダー+ピグマFINEで神ペンのできあがり

以前から気になっていたピグマホルダーを買ってきました。 ピグマは株式会社サクラが世界で初めて開発し、1982年に発売した水性顔料のサインペンです。ミリペンやファインライナーと呼ばれたりするようです。細めのサインペンと言ってもいいと思います。多種…

トライストラムス 野帳カバー

今回は買ったものの話ではありません。 私もかつてはヤチョラーだったことがあります。ヤチョラーというのは、コクヨの測量野帳を愛用する人のことです。 今は大体リヒトラブのツイストメモかロディアNo.12を持ち歩くことが多いです。 何度か紹介しています…

有隣堂しか知らない世界

おすすめのYouTubeチャンネルです。 www.youtube.com

からっぽペンは再吸引可能!・・・だけど

からっぽペンは使い切りタイプらしいですが、尾栓を爪でこじ開けたら割と簡単に外れました。 綿芯はペン先に刺さっているのですぐには出てきませんが、トントンと叩くと出てきました。まだインクがたっぷり染み込んでいて、しっとりしています。 しかし、再…

KURETAKE からっぽペン ほそ芯

使い切れない万年筆用のインクを使うのに良さそうだと思って、KURETAKEのからっぽペンを買ってきました。からっぽペンには筆ペンタイプもありますが、今回買ってきたのはいわゆるフェルトペンタイプのものです。 空カートリッジが5本ついて880円でした。…

キャップレスは使えば使うほど良くなる

お気に入りの万年筆のひとつがパイロットのキャップレスです。 私のは絣という柄のものです。 一般的な万年筆と比べるとだいぶイメージが違うと思います。最大の特徴はノック式だということ。ノックするとクリップの先から小さいニブがちょこんと現れます。 …

ぺんてる マルチ8、スーパーマルチ8

お気に入りのペンは色々ありますが、実用的に絶対に外せないのがぺんてるのマルチ8とスーパーマルチ8です。このブログでも頻繁に出てきます。 この細い軸の中に8本の色鉛筆が入っています。原理的には芯を内部でチェンジできる芯ホルダーです。 マルチ8…

OHTO GS01-s7の軸形状

先日、OHTOのGS01の軸断面は六角形から滑らかに円に変化してると書きましたが、どうも使っているとそうじゃないことに気がつきました。 下の写真を見てください。 キャップレスで示しているところが光って白くなっていると思いますが、これは六角形の角張っ…

ラミー サファリ ローラーボールにPILOT LVKRF-10EFを入れる方法

【準備するもの】 ヨーロッパ規格の万年筆の空カートリッジ カッター テープ ネットを調べるとローラーボールに日本メーカーのリフィルを入れる方法がいくつか書いてあります。 まず使うリフィルですが、どうせなら水性リフィルがいいと思い、パイロットのV…

OHTO GS01-s7

今日は丸善でもう一本買いました。 OHTO GS01-s7です。 軸は六角形ですが、グリップ付近に行くにしたがってスムーズに丸くなっていく独特の形状です。重量は16.4グラムで、重心はクリップの下くらいにあり、低重心ではないです。軸はアルミニウム、口金は真…

ラミー サファリ2021限定カラー サヴァンナグリーン

2021年のサファリの限定カラーは「ラミー サファリ ファースト」という色です。これは1980年の初代カラーを限定復刻したもので、オレンジ色っぽい「テラレッド」と緑っぽい「サヴァンナグリーン」です。 万年筆はすでに愛用のものがあるので、一本も持ってい…

オレンズネロ0.5を使うと勉強が捗る

最近、オレンズネロの0.5を多用しています。 オレンズネロの自動芯出し機構は原理的にどうしてもガイドパイプと紙との摩擦が生じます。書き心地といっても、いろんな要素がありますが、滑らかさという点においては芯を出して書く普通のシャープペンシルより…

キュリダスがまた掠れるようになった

月夜を入れてしばらく調子が良かったキュリダスですが、また1日くらいで掠れるようになりました。うーん。いい万年筆なんですけどね。こうなるとちょっと使いにくいですね。 ちなみに、パイロットのキャップレスは未だにそういう症状になったことがなく、快…

サンスター文具 ニニピー

サンスター文具からちょっと変わったマーカーが発売されています。 一見普通のカラーマーカーに見えますが、ペン先を見るとちょっと普通と違います。 マーカーとは別にぴょこんと別のペン先が伸びています。 マーカー+細マーカーだけならそれほど珍しくあり…

Digistillへの連絡はこちらから