2019年の手帳を決めました

さて、手帳調査の続き。

●EDIT 週間ノート手帳、週間バーチカル

●ミドリ スリムなバーチカル

●NOLTY ベルノ A5 バーチカル

●LACONIC 片面バーチカル

●クオバディス エグゼクティブノート

ネットで調べ、店頭で見ましたが、どれもそれぞれに特徴があります。

そこでふと目についたのが、NOLTYのリスティでした。

スリムなバーチカルもそうなんですが、リスティもそうなんです。なにがそうかというと、紙面のサイズがトラベラーズノートと同じA5スリムなんです。

f:id:digistill:20180914215145j:plain

このサイズの何が好きかというと、そこそこの携帯性と広い紙面を持ちながらも、片手でつかめるところ。

f:id:digistill:20180914215245j:plain

調べてみると、リスティをトラベラーズノートのカバーに組み込む人もいるようです。

組み込まないまでも、はさんで持ち運んでも違和感はなさそうです。ノート1冊とリスティを挟んでみると、こんな感じになります。

f:id:digistill:20180914215706j:plain

f:id:digistill:20180914215710j:plain

リスティには週間レフトとバーチカルがあります。どっちにするか迷いましたが、手帳に書き込むのは予定は当然ですが、他は8割方TODOです。時々、出張先の住所や担当者の名前、電話番号などを書くこともあります。あとは単なる走り書きやメモ。内容を精査した結果、バーチカルのリスティ1にしました。

リスティのバーチカルにはTODOを書く十分なスペースと、適度な余白があるので問題ないと思います。

リスティ1の素晴らしいのはフォーマットだけではなく、紙面の美しさもあります。程よいカラーとインクの濃度がきれいです。

4年分のカレンダー

f:id:digistill:20180914220610j:plain

年間プラン

f:id:digistill:20180914220619j:plain

月間ブロック

f:id:digistill:20180914220626j:plain

ウィークリーバーチカル

f:id:digistill:20180914220632j:plain

これまでいろんなフォーマットの手帳を使ってきましたが、正直なところ、どんなフォーマットでもそれなりに慣れれば使えます。このフォーマットじゃなければダメってのはあまりないです。ただ、あまり好みじゃないデザインはあります。フォーマットというよりも、デザインの問題が大きいです。デザインというのは、紙の質や、インクの色、線の太さ、フォント、微妙なレイアウトなどが含まれます。NOLTYはどれも悪くないです。

12月から使えるようなので、使うまでに2か月半から3か月半ほどありますが、その間にこれを超える手帳に出会わないことを祈ります。

ちなみに、今ハンズで手帳を買うとこんなフィルム付箋をもらえるようです。

f:id:digistill:20180914221752j:plain

 

Digistillへの連絡はこちらから