Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

カランダッシュ849 ボールペン

カランダッシュはスイスの高級筆記具メーカーです。中でも849はスタイリッシュで手にしやすい価格のモデルです。その中でも最も安価な定番モデルをアマゾンで購入しました。

特徴的なのはゴリアットと呼ばれるリフィル。全モデルに使用されています。先端のボールは超硬合金でできており、インクを誘導する溝が6本あるそうです。それがどういう効果があるのか不明ですが、独特の滑らかさが評判とのこと。気になります。また、大容量の旧油性タイプということで、筆記距離は何と8000メートルだそうです。

片岡義男氏曰く、

インクや先端のボールの出来ばえに関して、ぼくはうるさいが、いまのところこれ以上を望む必要がないほどに、カラン・ダッシュは完成されている。

ボールペンはこれにつきる、とぼくは思う – 片岡義男.com|作家・片岡義男の電子書籍作品公式サイト

 

f:id:digistill:20181109223807j:plain

f:id:digistill:20181109231905j:plain

手にしてみると、意外と小ぶりです。

パーカーのジョッターよりも少し小さいのは意外でした。

f:id:digistill:20181109231939j:plain

短めなので、トラベラーズノートのパスポートサイズにぴったりです。

f:id:digistill:20181109233202j:plain

重さはジョッターと同じくらいでしょうか。重すぎず、軽すぎずちょうどいいです。

六角軸は持ちやすいです。

内部は非常にシンプル。

f:id:digistill:20181109232117j:plain

ノック音はほとんどしません。

ペン先のガタは少なめですが、方向によってはカチャカチャ音はします。まぁ、これはノック式の宿命ですね(ゼブラのブレンが非常に気になっています)。スコッチの透明テープひと巻きが、スペーサーとしてばっちりでした。UV樹脂で処理してもいいと思いますが、隙間が少なめなので厚塗りはしないほうがいいと思います。

筆記感に定評のあるゴリアットですが、確かに書き味が独特です。方向性としては、旧油性タイプです。ただ、書き出しが滑らかで、ダマやカスレがすごく少ないです。個人的にはジェットストリームよりもこっちのほうが好きです。

↓上:ジェットストリーム、下:ゴリアット

f:id:digistill:20181109232420j:plain

実装されていたリフィルはFでした。上がジェットストリームの0.7なので、同じくらいか少し細い感じかもしれません。一般筆記にはちょうどいい太さです。

これはいいボールペンですね。気に入りました。

 

Digistillへの連絡はこちらから