M-03M SP-1000 ハイトルクサーボセイバー

今日はM-03MにSP-1000 ハイトルクサーボセイバーをインストールした。
サーボホーンには段付きビスではなくピロボールを使うことにした。4mmのピロボールの大きい方だとサーボ自体に干渉しやすいので、小さい4mmのピロボールを選択し、ボールエンドは道具箱に入っていた平たい形状のものを使った。
結構あれこれ苦労したが、普通に動く状態にはなった。ただし、これがいい方法なのかどうかはわからない。もっといい組み合わせがあるかもしれない。
ちなみに、SP-1000の説明書には書いていないが、自分は板バネにモリブデングリスを塗ってバネがスムーズに動くようにしている。といっても、板バネを3枚重ねしているので、剛性は十分だ。
SP-1000のサーボホーンはM-03M純正のものより短いので、サーボ取り付け位置をだいぶ下げることができるようになる。2mmのスペーサーを追加して、合計3mm取り付け位置を下げた。リンケージの位置を最適化するために、アップライトの内側の穴にボールエンドを取り付けた。