ガジェット通信 リコーの高級コンパクトデジタルカメラ『GR DIGITAL III』に込められた強烈な信念

記事

一眼が良いんだ、と”思い込んで”一眼レフを使っている人はたくさんいらっしゃると思う。しかし、その人たちにとって、一番良い道具は『GR DIGITAL』なんだ、と信じて疑いません」。

一眼とコンパクトのどちらがいいかというのは、カレーとカツ丼のうまさを語るようで意味はないのだが、コンパクトだからいい写真が撮れないと「思い込む」のは違うかなと思う。いい写真というのは必ずしも過剰な高画質が必要な条件ではない。
自分は表現の写真と記録の写真をまず区別するべきだと常々思っている。必ずしも正確な表現ではないが、感覚的にはそういう気持ちだ。大切なのはメーカーがちゃんとしたカメラを作ってちゃんとした売り方をすることだと思う。一方では一眼レフが必要な人がいることも確かだということは忘れてはいけない。いろんな価値観があるのはあたりまえだし、その価値観に見合ったよりベターな道具を選ぶのが一番賢いやり方だと思う。なにがよりベターなのかを見極めるのがむずかしいのだけど。