久しぶりにほぼ日手帳買おうかなぁ

以前はほぼ日手帳を使っていた。ヌメ革のカバーを買ったり、初代カズンを買って、実物を見てでかすぎると感じてもう一冊買い足したり、結構何冊も購入している。
2010年くらいからは能率手帳普及版、能率手帳エクセル、能率手帳ゴールド(3冊目)と能率手帳ばかりだ。丸々1年、オールデジタルで管理したこともある。
で、結論は能率手帳ゴールドと測量野帳の組み合わせで日々の記録はほぼ100%オッケー。ノートすら使わなくなった。
(ちなみに、プロジェクトペーパーは常に机の上においてあり、アイディアやデザインの素案、勉強ノート代わりやメモ、ディスカッションツールなどとして多用している。あとは読書ノートや英語の勉強に独立したノートはその都度気分で作ったりして消費している。)
しかし、足りない要素もあると感じている。それは日記だ。パーソナルな日記というより、どちらかというと備忘録というかライフログ的なものかな。測量野帳にその機能を持たせることも考えたが、やはり日記は日ごとのフォーマットじゃないと見返したときに不便なのだ。じゃぁ、なんか日記帳を買えばいいじゃないかというわけで、頭に真っ先に浮かんだのがほぼ日手帳だというわけだ。今は測量野帳にライフログ的なものを残したり、能率手帳の予定のところに「終わったこと」として黒で文字を書き入れたりしているんだけど、色の使い分けが徹底していないので、青(仕事)や緑(プライベート)を使うべき「これからの予定」に黒を使ったりすることも多々あり、振り返ったとき、予定だったのか、記録だったのかがわからない状態になってしまっている。
能率手帳ほど頻繁に持ち歩かないならば、筆記具や付箋を持ち運ぶのに便利そうなジッパーズなんて手もあるなぁ。どーしよーかなぁ。