最近の手帳事情(個人的な)

今年は「能率手帳ゴールド」一冊から「ほぼ日手帳」+「NOLTY365」の二冊で手帳を始めた。しばらくはほぼ日手帳も使っていたんだけど、最近はほぼNOLTY365で事足りるようになった。ただ、プライベートで書き残しておきたいことはほぼ日手帳に書いたりしているから使わなくなったわけではない。

能率手帳ゴールドは月間のガントチャートが使いやすいが、見開き一週間ではメモ欄が自分の使い方だと少し足りない感じだった。NOLTY365は1日1ページでメモ欄は十分。月間ブロックの使い勝手に不安があったが、4か月使用して、自分の仕事の仕方だと全く問題がないことがわかった。1日1ページの最大の欠点は一覧性に欠けることだが、それも今のところ問題ない。というか、違和感をほとんど感じていない。月間ブロックで大きな流れを把握し、1日1ページの前後をペラペラめくれば事足りる。しおりも二本あるので、素早くページを開くのに苦はない。

4か月使用して、耐久性にも問題はなさそうだ。手帳は肌身離さずいつでも持っているし、手帳がないと仕事が全く進まないほどよく使うけど、縫製がほつれたり、カバーが破れたりする兆候はない。

ほかに目立った候補がなければ来年もNOLTY365を使ってもいいかなと思っている。

 

能率 NOLTY U 365 手帳 2016 4月始まり 1日1ページ ロイヤルネイビー 9510

能率 NOLTY U 365 手帳 2016 4月始まり 1日1ページ ロイヤルネイビー 9510