ママチャリのボトムブラケットをカセット式にしたら想像以上に快適だった

少し前にグリスアップしたママチャリのボトムブラケットですが、やはり、摩耗はごまかしきれず、異音がするようになってしまいました。

そこで、ボトムブラケットを思い切ってシマノのカセット式にすることにしました。カセット式のボトムブラケットはアマゾンとかに売っていますが、交換調整時に特殊な工具がいるらしく、その工具の価格が工賃よりも高かったので、近所のチャリ屋で交換してもらうことにしました。

わたしのイメージでは、近所のチャリ屋はどこもかしこも接客がイマイチか、店員によってムラがあります。たまたま通りかかった「自転車工房MASA」は、店主の飾らない接客がすごく印象がいいでした。

ボトムブラケットを交換してもらっただけですが、後輪の車軸の緩みも直してくれ、また、ガタガタの原因がフロント側のスプロケットの摩耗が原因だということも教えてくれました。

走ってみるとこれまでのカップアンドコーン型のボトムブラケットよりもかなりスムーズ。広島市内は橋以外はほとんど平坦なので、ママチャリに変速ギアはほぼ必要ありませんが、駆動系が軽くなったことで軽快に走ることができるようになりました。

工賃を入れるとそこそこの価格になるので、10年選手のママチャリにそこまで金をかけるかという気もしますが、今乗っているママチャリはかなり気に入っているので、フレームがぼろぼろになるまでは部品交換しながら乗りつぶそうと思っています。正直、結構メンテナンスしているので、乗り心地は新品の自転車とそん色ないです。見た目はさすがにボロですが、ステンレスパーツが多いので、気になるさびはほとんどありません。

ママチャリは安いものは1万円前後から手に入ります。個人的には国内メーカーの上位クラスのママチャリを買い、メンテナンスしながらベストな状態で乗るのが快適だと思います。ちゃんとメンテナンスすれば、10年以上は余裕で乗れるでしょう。普段の消耗品は、タイヤ、チューブ、ロック式の鍵くらいでしょう。場合によっては、ボトムブラケット、ワイヤー、ブレーキ、シート、ライトなどの交換が必要になるかもしれません。もう、ギリギリっぽいですが、ワイヤーやブレーキはまだ一度も交換していません。ちょっとした工具さえそろえておけば、ほとんどの部品はホームセンターで比較的安く手に入りますので、自分で交換可能です。

Digistillへの連絡はこちらから