デジカメWatch 写真で見るペンタックス「K-7」

記事
K-7はデザインがいい。それは見た目のデザインだけでなく、価格と性能のバランスがいいのだ。自分はデジタルカメラの性能にそれほど多くのことを望んでいないので、このカメラなら長く使えるだろう。
まだ買うとは決めていないが、さて、このカメラに合わせるレンズは何がいいだろう。
まず予算を決めなくてはならない。現時点で予算は15万円以下を考えておきたい。理想的には10万円以下だが、K-7だとそれは難しいだろう。
次に自分が撮りたいものは何かを考える必要がある。一言でいえば、スナップ写真だ。望遠が欲しいことは皆無ではないが、普段はほとんど必要ない。となると必要なのは標準レンズだ。次に決めるべきなのはズームにするか単焦点するかだ。ズームならばキットレンズで十分だが、開放F値が3.5-5.6と少し暗めだ。単焦点ならF1.4やF2.8などの明るいレンズが選択できる。欲を言えば、マクロも欲しい。
と、いろいろ考えてみたが、予算がネックでレンズは当面一本くらいしか準備できなさそう。
普通に考えれば標準ズームレンズのDA18-55mmF3.5-5.6AL WRが一番バランスがよさそうだ。価格コムによるとレンズキットが130299円なので十分予算内に収まる。最短撮影距離が0.25 mなのでマクロ的に使えなくもない。ネックは多少暗いことだが、手ぶれ補正と高感度を組み合わせれば実用上は問題ないだろう。このレンズはK-7の標準レンズだけあって、防水仕様なのがありがたい。
次の候補はDA35mmF2.8 Macro Limited(43919円:価格コム)か。ボディが116799円なので、ほぼ予算通りと言ってもいい。F2.8と比較的明るめで35 mm換算で53.5 mm相当の画角が得られるため、スナップにちょうど使いやすそうな焦点距離だ。3 cmまでの近接撮影ができるため、等倍撮影が可能だ。これはなかなかいい。参考リンク:デジカメWatch ペンタックス「DA 35mm F2.8 Macro Limited」
次の候補はタムロンのAF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical [IF] Macro (Model A18)。これもほぼ予算通りで揃えることができる。13.9倍のズームレンズで、全焦点域で0.45 mの近接撮影ができるため最大撮影倍率1:3.5が得られるのが特徴だ。
後もう一つ、DA 15mm F4 ED AL Limited。記事の中にK-7との組み合わせがあるが、見た目はこれが一番かっこいい。参考リンク:デジカメWatch ペンタックス「DA 15mm F4 ED AL Limited」。このレンズは秋葉原ヨドバシカメラで見たことがあるが、ホントにかっこよかった。ただ、内蔵フードの植毛部分にホコリがたまっていてちょっと汚らしい感じになっていたのが気になった。

日曜日 海のそばにて

Digistillへの連絡はこちらから