クルトガダイブにハイユニを入れてみた

クルトガダイブがメモリ4でも芯が足りなくなることがあるので、減りの少なそうなハイユニに変えてみました。

f:id:digistill:20220317201524j:plain

ちなみに、今使っている芯はユニです。

f:id:digistill:20220317201850j:plain

いつものようにダイアルを4にして、書き続けました。

ハイユニは書いていると芯が硬いのがわかります。筆記線の濃さは普通です。これがハイユニの特徴ですね。

パイプが伸びた時に芯をワンノック分に調整し、(メモリを3に変えてから)書き続けたのが下の状態です。

f:id:digistill:20220317202020j:plain

おおよそ2ノック分の1.3 mmくらいの芯が余りました。メモリ4でワンサイクル書き続けるとワンノック分芯が余ったということです。これを続けると芯が余ってきます。クルトガダイブでは若干芯が足りないくらいで書く方がいいので、メモリは3か2でも良さそうです。

私の使い方だとクルトガダイブにはハイユニを入れる方が使い勝手が良くなりそうです。

 

Digistillへの連絡はこちらから