カメラマン ハンドインプレッション ペンタックス K-7

記事
この記事とは関係ないが、昨日、K-7のデジタルプレビュー機能はK-7以外のカメラにはないとオーナーズブックで知った。この機能は、電源ONの状態レバーをさらにON方向に回すとシャッターが動作し、その結果が背面液晶に表示される。一瞬のシャッターチャンスを狙うスナップなどではこんなことをする暇はないが、景色とか花の撮影ではシャッターを何度も切り、無駄なコマを大量生産することが多い。このデジタルプレビュー機能はシャッターは切るけど、カードにデータを記録をしないモードといえるだろう。RAWで撮影すれば、露出以外のパラメーターは後でもいじれるけれど、自分は撮影時にできることは撮影時にすませてしまいたい方なので、こういう機能はありがたい。
また、K-7は記録モードがたくさんあり、さらにパラメーターを詳細に設定ができるのだが、撮影条件を変更するとその結果が直前に撮影していた画像に施された例がバックグラウンドに表示される。文字のみではよくわからなかったり、複数のパラメーターの変更で結果が予測しにくいときなどに便利だ。K-7のインターフェースは一見地味なのだが、かゆいところに手が届くような配慮が随所にみられる。こういうのはカタログスペックとして現れない部分なので、実際にカメラを店頭で何度も手に取って確認するしかない。