ペンタックス K-7通信

第2回 K-7で軽快な撮影を楽しむ
第3回 K-7で露出をコントロールする 前編
第3回目にあるような写真はつい撮りたくなるシーンだ。きれいな形の葉を逆光気味にとらえ、露出オーバーで撮影するとさわやかないい色が出る場合がある。アンダー気味だと濃厚な感じが出るようだ。
次の二枚はDiMAGE A1で撮影したものだが、いい感じの色だと思う。
K-7は緑がかなりきれいに出るので、こういうのも撮ってみたいと思っている。平和公園に蓮の池があるのだが、なかなかいい状態の光に恵まれない。もう葉が疲れてきているので、今年はダメかな。こういうのは植物公園にでも行くのがいいのかもしれない。