Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

LAMY Aion

LAMYのAionを探しに行ってきた。日本では11月上旬発売とあるので、そろそろ売っているのかもしれない。

ラミー アイオン | ラミー・LAMY

最初、Ortloffという文具店に行ってみた。いろんな文房具がおいてあり、万年筆のラインナップも多かった。店員の対応もよかった。

R0010790

R0010791

R0010792

Aionのボールペンはあったけど、万年筆は売り切れで、次回の入荷は来年の1月くらいだという。

実は少し前によった百貨店の中の文房具屋に在庫があるのはわかっていたので、そちらに行ってみた。

ニブはMニブしかなかったが、色はブラックもシルバーも在庫があった。

日本だと1万円だが、ドイツだと定価が49ユーロだ。コンバーターが4.5ユーロだったので、合計で53.5ユーロ。免税で8.54ユーロ程帰ってくることを考えると、実質、日本円でコンバーター込みで6000円。なかなか安い。

ちなみに、サファリも20ユーロ弱なので、日本よりも若干安く手に入れることが可能だ。

アルミの軸は重量感がある。ヘアライン加工がきれいだ。グリップの部分は仕上げが違う。クリップにはバネば仕込まれているようで、非常にしなやかだ。

キャップはスライド式。ペンが重いので、筆記時にキャップを軸につけないほうがいいかも。

軸は中央が緩やかに膨らんでいて手への収まりがいい。また、ヘアライン加工や

コンバーターはなぜか黒かった。

R0010799

ペン自体は大型で、セーラーのプロフィット21よりも大きい。

↓左から、LAMY Aion、LAMY Safari、セーラー プロフィット21、パイロット プレラ、セーラー ハイエースネオクリア。(なんで海外出張にこんなに万年筆を持ってきているのかはさておき・・・)

R0010800

ニブは全くの新設計で、サファリのニブよりも細長い感じだ。金ではないので、がっちりした筆記感だ。ただ、筆圧によって線のメリハリが出る。

R0010809

筆跡はこんな感じ。

R0010806

SafariのEFと比べると若干太いが、手持ちのSafari Mよりも少し細い気がする(今、手元にないので比べられない)。もう少しインクがなじむと線が太くなるかも。

インクフローがよく、ストレスなく筆記できる。

気軽さならばサファリだけど、Aionはワンランク上の大人の筆記具といった感じだ。

Digistillへの連絡はこちらから