トラベラーズノートにペンホルダーを付けてみた

トラベラーズノートを買ってはみたものの、使うかなぁと思ってたんだけど、結構使用頻度が高い。アウトプットとかライフログ的に使っている。

時にはレシートを張り付けたり、出張の旅程を復習してみたり、ネットで見た気になるものを記録しておいたりそんな感じだ。

あと、ジッパーケースとクラフトファイルの実用性が高い。

ZOOM707があればペンホルダーは必要ないと思っていたのだが、ZOOM707はジッパーケースに入れておいてもいいし、紙に挟んでおいてもいいし、ゴムに引っ掛けておいてもいい。細いのでどこにあってもそんなに邪魔にならない。しかし、普通のボールペンになると途端に邪魔臭くなる。ペンホルダーを今度買おうかなと思ったりもしているんだけど、ちょっといいことを思いついた。年末に作ったペンケースの革の端切れがあったのを思い出して、工作してみようと思ったら、見当たらなかったので、適当な合皮のきれっぱしを使ってこんなものを作ってみた。

工作時間は3分。カッターで切れ込みを二か所開けて、ゴム紐に通しただけ。

f:id:digistill:20170117204729j:plain

試作にしては悪くないような。

切れ込みの幅次第で太いペンも細いペンも付けることができるし、2個つければ2本差し、3個つければ3本差しも可能かも。

ただし、フニャフニャしてるのでクリップタイプじゃないクリップだと片手で差し込むのはちょっと難しい。

f:id:digistill:20170117204904j:plain

そこでちょっと考えてみた。

こんなふうに通したらどうだろう?

f:id:digistill:20170117210001j:plain

f:id:digistill:20170117210041j:plain

f:id:digistill:20170117210114j:plain

剛性があがった。これは結構いいかも。

ちょっと硬くて薄い素材を使えばもっといい感じになるかな。

 ただ、この通し方のままで反対側まで革を引っ張ってきて、こうやって固定するのが安定してるような。最初のやり方に似てるけど、感じはだいぶ違う。

f:id:digistill:20170117213026j:plain

トラベラーズノート Traveler's notebook キャメル 15193006

トラベラーズノート Traveler's notebook キャメル 15193006