セーラー ハイエースネオクリア

パイロットのカクノやプラチナのプレジール、1000円クラスの万年筆といえども侮れない。気になっていて入手していなかったセーラーのハイエースネオクリアを入手した。

↓上から、プレジール、カクノ、ハイエースネオクリア

f:id:digistill:20171107212838j:plain

インクは青墨を使うことにした。とりあえず、カートリッジを使ってみて、気に入ったらコンバーターとボトルインクを買うことにしよう。

f:id:digistill:20171107213057j:plain

ハイエースネオは軸が透明な樹脂でできていて、細めの万年筆。キャップはアルミでできている。スライド式なので開け閉めが楽だ。ちゃんとクリップも付いているので、携帯しやすい。

青墨はブルーブラックというより、濃い青といった感じの色できれいだ。色彩雫の「月夜」よりも青さは際立つ。

ニブはF-4と書いてあるニブで太さはF。書き心地は比較的サリサリとした摩擦感がある。セーラーの万年筆はデスクペンと長原さんに削ってもらったプロフィットを持っている(ふでDEまんねんは除く)が、どれもサリサリとした摩擦感がある。おそらくこれがセーラーの仕上げ方なんだろうと思う。紙質が悪いと若干引っかかりとして感じられることもあるのだが、普通の紙ならむしろ心地よい書き心地となる。一方、パイロットのニブはだいたいなめらかだ。Mくらいの太さになると滑らかさが一段と増す。これはこれで心地がいい。

最近、勉強の時には万年筆を使うようにしている。勉強の時にはついつい力が入ったりするので高価な金ペンを使うのは危険だ。また、わざわざキャップを回転させて取り外しするのは面倒なので、スライドキャップ式の方がいい。スライドキャップ式の場合、完全にパチンと閉めずにキャップを軽くかぶせておくだけでだいぶ乾きが違う。青墨を入れたハイエースネオは勉強用万年筆として結構いいかも。

 

セーラー万年筆 万年筆 ハイエースネオ クリア シルバー 細字 11-0119-219

セーラー万年筆 万年筆 ハイエースネオ クリア シルバー 細字 11-0119-219