Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

セーラーのデスクペン

たまたま古山浩一氏の11月28日のブログを見ていたら、セーラーのデスクペンのことが書いてあった。自分も何回かブログで紹介しているF-9ニブのデスクペンだ。ペン先の刻印が若干違うけど、間違いなく同じデザイン、同じニブのデスクペンに間違いない。

entotsu.seesaa.net

(下の写真はニブと黒い樹脂の間に隙間があるように見えるが、ニブに下地の紙の色が移ったもので、実際は隙間はない。)

f:id:digistill:20171129005252j:plain

このペンは特に小さい文字で書かないといけない書類などの書き込みに使っている。源泉徴収の書類など、理解不能なくらい書くスペースが小さいので、通常のボールペンや万年筆だと結構つらい。インクは耐水性を意識して、カートリッジの極黒だ。

線の細さはカクノのEFよりも若干細い。

ステンレスニブだが、長くて細いニブがよくしなるので、紙とのあたりがソフトだ。ソフトといっても、金ペンの柔らかさと少し違う。金ペンの場合、ニブが柔らかく、力を入れるとペン先が開き、字が太くなる。このデスクペンのニブの素材はステンレスなので、基本的には固い。しかし、ニブが細長く先端の角度が小さい。ニブの湾曲も浅くエラもないので、全体的にしなりつつもペン先は割とがっちりとしていて開かない。だから細字をキープしやすい。EFの細さを生かそうと思ったらこのようなニブの特性はひとつの正しさではないかと思えてくる。また、細いニブは紙面の見通しがよく、文字を書きやすい。筆圧が高いとカリカリの書き心地だが、紙に引っかかるような感じはない。インクフローも適切で、ペンの自重だけで線を描くことができる。筆圧を程よく下げて筆記すると、なんとも独特な筆記感で気持ちがいい。時々引っ張り出しては使ってしまう。

f:id:digistill:20171129010624j:plain

もう軸は傷だらけだし、決しておしゃれとか高級感のある見た目ではないが、細軸で味のあるデスクペンなのである。

最初はこのニブの形があまりかっこよくないなと思っていたんだけど、見慣れてくるとこれがなんとも言えない味に思えてきて、実は、次に欲しいと思っている万年筆はパイロットのエリート95Sだったりする。

 

パイロット 万年筆 エリート95S FES-1MM-B-EF 極細 黒

パイロット 万年筆 エリート95S FES-1MM-B-EF 極細 黒

 

 

Digistillへの連絡はこちらから