ボールペンのリフィル、古くないですか?

私のようにペンを次々買っていると、使わないで何年も放置されるペンがたくさん出てきます。先日購入したクーペのインキBRFN-10Fはもう半分くらいになっているので、お気に入りのボールペンを毎日使っていれば問題ないですが、何年も放置しているとインクが劣化します。

トンボのウェブサイトを見ると、油性インクの寿命はJISでは「製造日より15ケ月間経過しても良好に書き出せること」となっているようです。トンボの場合、24ヶ月を保証しているようです。とはいえ、油性ボールペンの寿命は長いので、適切に保存されていれば5年くらいは使えるとしています。*1

去年いただいたピュアモルトボールペンのリフィルの刻印を見てみると、製造したのが2015年3月でした。

このボールペンのリフィルはS-7Lというものです。

インクが古くても筆記は可能ですが、書き出しが渋くなる傾向にあるように思います。

実はこのリフィルは互換性が高く、ジムノックのリフィルや、スタロジーの油性ボールペンのインクなどが使えます。ちょうどスタロジーのリフィルがあったので交換してみました。

(下の写真は撮影のために、一度取り出したリフィルを再度入れて撮影しています。)

スタロジーのインクは低粘度油性です。ただ、あまり粘度を下げないようにしているようで、旧油性と新油性の間くらいのインクになっています。OHTOのなめらか系インクに近い気がします。

リフィルを新しくするだけでだいぶ書き心地が変わったように感じます。

実は最近、ドクターグリップ4&1のインクも全色新しいものに入れ替えました。ドクターグリップのインクは発色が良く、なめらかに書けるので好きなんです。ジェットストリームの4&1よりもちょっと重いですが、グリップはドクターグリップの方が0.5mmほど細いです。たった0.5 mmですが、グリップ形状も違うので、だいぶ違うものに感じます。

写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、筆跡が濃くなっているのが分かります。

4、5年オーダーになってくるとインクそのものに改良が加えられている可能性もあります。書き味が悪いなぁ・・・と引き出しにしまう前に、リフィルを新しくしてみるのもいいんじゃないかと思います。

 

 

 

 

Digistillへの連絡はこちらから