Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ぺんてる P209 きらり

ぺんてるの万年CILケリーは1971年に発売されました。それより1年前の1970年にP200というシャープペンシルが発売されています。今でも海外では販売が続いているようですが、日本では販売されていません。

時々復刻版が発売されているらしく、2年前の2016年11月にBOYS & GIRLSと称して販売されていたのは記憶にあります。多角形のシャープペンシルは好きなので、当時、気になってはいたのですがP200シリーズのことも知らず、これが限定商品だったという認識もなく、買いませんでした。P200シリーズを知ったのは1年後くらいで、ちょっと悔しい思いをしました。通販を使えば買えるのは知っているのですが、わざわざ定価よりも高い価格で買おうとは思いません。町の文房具屋で出会い、手に取って買いたいんです。

今日、フラワーフェスティバルを横目で見つつ、本通りのフタバ図書に立ち寄ってみました。そこでぺんてるの「きらり」というシャープペンシルを見かけました。ウェブで調べてみると、2013年に発売されているようで、限定品というわけではなさそうなのですが、公式ウェブサイトには掲載されていません。美文字を書くためのシャープペンシルということらしく、太さは0.9 mmだけです。色も和の女性っぽい3色展開で、桜色、藤色、金色です。型番を見ると、P209となっており、形をよく見るとP200シリーズそのものです。思わずP200シリーズに出会えた気がして、すぐに手に取り、買いました。

 

f:id:digistill:20180505225744j:plain

購入したのは金色。パッケージを見ると、女性を意識したラインナップなのが分かります。ペン単体で見るとわたしが使ってもそれほど違和感はなさそうな色を選びました。

f:id:digistill:20180505225916j:plain

パッケージの裏側には美文字を書くためのコツが書いてあります。

f:id:digistill:20180505230007j:plain

他のシャープペンシルと外形を比べてみます。

↓上から、プラチナ プレスマン、パイロット S20、ぺんてる ケリー、ぺんてる グラフ1000、ぺんてる P209(きらり)、ぺんてる グラフギア1000

f:id:digistill:20180505230223j:plain

P200シリーズはもともとは製図もできるシャープペンシルという位置づけだったようで、スリーブは4㎜あります。12角形の軸はグリップ部分がかなり細いです。チャックは金属製で本格的なシャープペンシルです。

f:id:digistill:20180505230602j:plain

クリップも製図用っぽい感じで、はずそうと思えばはずせます。軸にはクリップのズレ防止の段差があります。

f:id:digistill:20180505230745j:plain

ケリーといい、P200シリーズといい、45年以上経った今でもデザインや構造に古臭さがまったくありません。

手にするとグリップが思った以上に細いので最初は少し戸惑いを感じます。しかし、しばらく握っていると12角形の形状が思いのほか手にフィットします。0.9mmというとプレスマンと比較したくなりますが、プレスマンよりも若干重量感があり、重量バランスもP209の方がすぐれていると思います。パイロットのS3も0.9mmのラインナップがあります。使ったことはありませんが、総合的にみてS3の方が使い勝手はいいと思います。しかし、たたずまいはP209の方が好きですね。

 0.9mmという太さ、シャープペンシルとしてどうかというと、目的にもよりますが、わたしとしては常用できるレベルです。当然、細かい筆記には向きませんが、小まめにペンを回転させてあげれば意外とノートへの筆記も問題ありません。大学時代は0.9mmのSMASHをずっと使っていました。太いシャープペンシルのメリットは、芯が折れにくいこともありますが、ノックの回数が少なくて済むことです。0.5mmだと折れにくさや減りの遅さを考慮して最近はHBを使うようにしていますが、0.9mmくらいになるとBや2Bでも問題なく使えます。そのおかげで筆記線がよりはっきりするので、ラフなアイディア出し等にも適しています。0.3, 0.5, 0.7, 0.9はそれぞれ性質が違うので、一通り揃えておくのもいいと思います。オレンズまで視野に入れれば、0.2もありますね。

世の中にどんな道具があって、それを使うと生活や考え方がどう変わるのか、それを知り、体験するのは決して無駄とは思いません。そこに価値を感じる限り、その人にとってそれは無駄ではないと思います。自分は文房具を収集しようと思って買っているのではなくて、文房具という物の良さを知り、体験したいのです。これと決まれば後は全部捨ててもいいとすら思っています。ただ、一度手に入れるとそれぞれにそれぞれの良さがあるので、簡単に捨てることはできそうにないですね。

 

ぺんてる シャープペン きらり XP209-X 0.9mm 金色

ぺんてる シャープペン きらり XP209-X 0.9mm 金色

 

 

Digistillへの連絡はこちらから